チャイニーズタイペイアメリカが WSBC U-18女子ソフトボールワールドカップで首位

チャイニーズタイペイアメリカが WSBC U-18女子ソフトボールワールドカップで首位
08/12/2021
第2日目火曜日、チャイニーズタイペイと米国がダブルヘッダーを一掃し、3勝0敗で首位についた。

WBSC U-18女子ソフトボールワールドカップ二日目火曜日、チャイニーズタイペイと米国がダブルヘッダーを一掃し、3勝0敗で首位についた。 アジア代表のチャイニーズタイペイはプエルトリコとオランダを下し、アメリカはコロンビアとメキシコに勝利した。 その日の最終試合ではKaterina Kindermannovaの圧倒的な投球パフォーマンスでチェコが初勝利を手にした。

  • チャイニーズタイペイ 4-0 プエルトリコ - スコア
  • 米国 8-0 コロンビア - スコア
  • チャイニーズタイペイ 11-5 オランダ - スコア
  • 米国 5-3 メキシコ - スコア
  • ペルー 0-8 チェコ - スコア

チェコ 対 ペルー 8対0 スコア

Katerina Kindermannova が今大会最多の14奪三振でチェコをリードしペルーに8対0で勝利した。チェコのKaterina Kindermannovaの投球で勝利したKaterina Kindermannovaは6イニング投球わずか2安打2四球だった。

チェコは3回Magdalena Kavanovaの タイムリーヒットで2点を入れ先制。Kindermannovaは7回表までリードを守ると、ヨーロッパ王者のチェコが打線を爆発させ、Marina Burkovicovaの満塁ランニングホームランを含む6得点を入れた。


メキシコ 対 米国 3対5 スコア

WBSC U-18女子ソフトボールワールドカップで右翼手Keely Williamsが3安打、4打点で米国首位打者。米国はメキシコに5対3で勝利した。

Williamsは2回裏に2点タイムリーをセンターに放ちアメリカをリードさせた。US U-18代表チームの先頭打Williamsは今大会打率 .500。


オランダ 対 チャイニーズタイペイ 5対11 スコア

チャイニーズタイペイは火曜日の試合ダブルヘッダーを制してオランダに11対5で勝利。 15安打を記録した。

 チャイニーズタイペイの先発Ching-Yu Chenが勝利、5.1イニング投球、5被安打、3失点、2死球、1奪三振。


コロンビア 対 米国 0対8 スコア

世界2位のアメリカは40位コロンビア5回8対0で勝利し今大会2勝目をあげた。Karli Spaidが1回3点本塁打で米国のラインナップを牽引した。

アメリカはSpaidの右翼への 特大アーチをはじめ1回に大量の5点を入れた。Errin Coffel、 Viollet Zavodnik、Megan Grantが全てマルチヒットを記録、米国8安打中6安打を占めた。


プエルトリコ 対 チャイニーズタイペイ 0対4 スコア

先発Hsia-Ai Keの卓越した投球でチャイニーズタイペイはプエルトリコに4対0で勝利し、今大会2勝目をあげた。右投げHsia-Ai Keは4奪三振、4被安打、1四球で完投。

チャイニーズタイペイは4回に最初の2点を入れると、さらに先頭打者のHsin-Yun Liがタイムリー三塁打、さらに自身も Yi-Hsuan Chiuのタイムリーで生還し2点を加えた。