WBSC、カーボベルデ野球ソフトボール連盟、イタリア視覚障害野球協会を最新加盟会員として歓迎。

WBSC、カーボベルデ野球ソフトボール連盟、イタリア視覚障害野球協会を最新加盟会員として歓迎。
10/12/2020
カーボベルデ野球ソフトボール連盟は、198番目の国内競技連盟のメンバーになり、アフリカでは28番目になる。イタリア視覚障害者野球協会野球は13番目の準会員になる。

WBSC経営幹部は、12月9日水曜日のオンライン会議で、カーボベルデ野球ソフトボール連盟を正会員として、イタリア盲人野球協会を準会員として承認した。双方の申請は、次のWBSC議会によって正式に承認される必要がある。

カーボベルデ野球ソフトボール連盟(FCVBS、FederaçãoCaboVerdiana de Beisebol e Softbol)は、WBSCの198番目の国内競技連盟メンバーになり、アフリカでは28番目になる。FCVBSは、アフリカの西海岸沖に位置する群島の9つの無人島のうち5つで野球とソフトボールの活動を展開した。

FCVBSは、カーボベルデオリンピック委員会(COC)によって、この地域の野球とソフトボールの唯一の統括団体として認められた。これは、フィロメナ・フォルテス大統領の手書きの手紙よって確認された。

5つの島の地域協会は同じ規約に基づいて地域を統括し、FCVBSによる会員申請に同意した。

アメリカ合衆国で大学生として野球に魅了されたFCVBSのルイス・ヌネス会長は、Baseball5が島の開発に貢献できることを強調した。野球/ソフトボールの新しい都市型スポーツは、用具不足と専用の野球/ソフトボール球場の不足を克服するのに最適だ、と連盟のリーダーは語った。

トンガ野球・ソフトボール連盟 は6月に理事会WBSCメンバーシップのために承認された最後のメンバーだった。

イタリア盲人野球協会(AIBxC、Associazione Italiana Baseball per Ciechi)は、この分野で最も成功した競技会である11チームの イタリア視覚障害者のための野球リーグを設立した。リーグ(LIBCI、Lega Italiana Baseball Ciechi e Ipovedenti)は現在独立して運営されている。

1994年に設立され、1997年に競技会を開始したAIBxCは13番目のWBSC準会員になることが承認された。

AIBxCのAlberto MAZZANTI(アルベルト・マッツァンティ)会長は、彼の協会の加入要請の中で、彼の協会が世界中の視覚障害者がプレーする野球の試合を促進するという目標をWBSCと共有したと書いている。

"マッツァンティ会長は、「公式の協力協定は、野球をすべての国に広めるための正しい方法であり、野球が視覚障害者にとって重要な利益を伴う身体的および精神的リハビリテーションのための強力な役目を果たし、日常生活における視覚障害者の自立と、社会的包摂のための重要な手段になりうるという事実についての認識を高めるために大変効果があると信じています。」と語った。

関連記事:WBSC執行役員会がトンガ野球ソフトボール連盟の加盟を承認