冬季と夏季のオリンピックメダリスト、エディ・アルバレスがMLBに復帰

冬季と夏季のオリンピックメダリスト、エディ・アルバレスがMLBに復帰
09/09/2021
アルバレス選手はスイッチヒッター・ユーティリティプレーヤーの内野手で、冬季オリンピックと夏季オリンピックの両方でメダルを獲得した6人のアスリートのうちの1人だ。

東京2020銀メダリストのエディ・アルバレスがメジャーリーグベースボールのマイアミマーリンズでビッグリーグに戻ってきた。

31歳のスイッチヒッターでユーティリティ内野手のアルバレスは、2020年8月5日にマーリンズでMLBデビューを果たした。彼は12試合に出場し、2020年シーズンの終わりに譲渡指定(DFA)にされていたが、2021年シーズン彼はトリプルA名簿で開始した。

アルバレスは、東京2020オリンピックでのアメリカ代表チームのレギュラ-2塁手で、6試合全てに出場した。彼は24打席6安打(打率.250)で、3打点を記録し、守備機会13、失策1、WBSC東京2020オールオリンピックチームベストナインに選ばれた。

アルバレスは、東京2020の開会式で、2人のアメリカの旗手のうちの1人を務めた。

東京2020は彼の唯一のオリンピックメダルではなかった。アルバレスは、2014年ソチ冬季オリンピックでスピードスケートでアメリカが銀メダルを獲得するのに貢献し、彼は冬季オリンピックと夏季オリンピックの両方でメダルを獲得した6人のアスリートの1人、アメリカの3番目の代表選手になった。