WBSC組織プロフィール

オリンピック首都スイス・ローザンヌの近郊プーリーに本部を置く世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は野球ソフトボールの世界統括団体。現在アジア、アフリカ、アメリカ大陸、ヨーロッパ、オセアニアなど世界138の国と地域から198の国内連盟と12の準会員が加盟。6500万人を超えるアスリートの野球・ソフトボール競技活動をまとめ、年間およそ1億5千万人の観客を動員している。

WBSCはその責任として各国代表チームの出場する次の国際大会を統括する。プレミア12、ワールドベースボールクラシック、野球ワールドカップ(U-12、U-15、U-18、U-23、女子トップ)、ソフトボールワールドカップ(U-12 男女混合、 U-15 女子、 U-18 女子、 U-18 男子、 U-23男子、女子トップ、男子トップ)、公式競技としてベースボール5(シニア、ユースワールドカップ)、eスポーツ、さらにオリンピックの野球、ソフトボール、ベースボール5大会。

WBSCは、各加盟会員や関係者との相互関係が効果的に作用し、WBSC戦略と行動が皆様にとって価値のあるものとなるよう、WBSCのビジョンなどを示す新WBSC組織プロフィールを作成した。

WBSC組織プロフィール(英語版)はこちらをクリック