22/02/2020 - 01/03/2020

#U18SoftballMWC  

Hosted by: NZL
U-18 Men's Softball World Cup 2020 - Official Payoff
27/02/2020 1 記事を読む目安時間

チェコ対ニュージーランド 8対2 Osičkaが14奪三振 チェコは開催国チームに勝利

スーパーラウンド初進出となったチェコは8対2でニュージーランドに大勝した。ここでも投手Jakub Osickaが圧倒的な投球を披露し、今大会64奪三振を記録した。

U-18 男子ソフトボールワールドカップでJakub Osičkaでの快進撃は続く。14奪三振で開催国ニュージーランドに8対2で勝利しスーパーラウンドで1勝目を挙げた。

この試合でOsičkaは7位イニング投球 (3 H, 2 R) 、1.38 ERA。Jakub Vasicekと Vit Kociが合わせて5点を入れて勝利に貢献した。開催国ニュージーランドはリリーフDylan Jacksonが5イニング投球で5被安打、4失点、6奪三振。打線では2打点を記録した。

1回Vojtěch Laskaがレフトへ二塁打を放ってKoči を得点させチェコが先制、さらにKahurangi Beasley-Allanも暴投でLaska が還り2対0にリードした。

2回Koci のタイムリーでTrtilekが点を3回、4回無得点のまま迎えた5回、チェコはさらにVasicekとStepan Mutinskyが得点して6対0とした。

7回表、Tadeas KalcvがさらにセンターへのヒットでVasicekとLaskaが得点。

7回裏、ニュージーランドのJacksonが右中間へ三塁打を放って最後の2点を返した。しかしOsičkaがHarrison Wildboreを三振に倒し、8対2で試合が終わった。