06/12/2021 - 12/12/2021

#U18SoftballWC  

Hosted by:  

U-18 Women's Softball World Cup 2020 - Official Payoff

U-18オールワールド(ベストナイン)発表, ヴァレリー・ケーグルがU-18女子ソフトボールワールドカップMVP

U-18オールワールド(ベストナイン)発表, ヴァレリー・ケーグルがU-18女子ソフトボールワールドカップMVP
12/12/2021
ヴァレリー・ケーグルは決勝で7イニングを投げ、13奪三振と4被安打の成績を残した。

ヴァレリー・ケーグルは、ペルーのリマで土曜日の午後に閉幕したWBSC U-18女子ソフトボールワールドカップの最優秀選手(MVP)に選ばれた。投手は決勝で無得点で7イニングを投げ13奪三振を成し遂げた。

WBSCはまた、閉会式でU-18オールワールドチーム(ベストナイン)を発表した。

アメリカの アリッサ・ハンフリー は、大会で最優秀右腕投手に選ばれた。彼女は大会で8イニングを投げ、チェコ共和国とオランダとの4イニングのパーフェクトゲームを2回行った。奪11三振。

 メキシコのレアンナ・ガルシア は、この大会の最優秀左腕投手。21イニングを投げ、0.33 ERA、2勝1敗、14奪三振。

大会の最優秀捕手は、 チャイニーズ・タイペイのチユン・リン。彼女はラウンドロビンで完璧な守備を果たし、ワールドカップの本塁打王として最多本塁打数2本でトップと並んだ。彼女の成績は4打点で.438。

プエルトリコのジャネルマルティネスは、WBSCU-18女子ソフトボールワールドカップの最優秀一塁手。18歳のマルティネスの成績は8打点で.450。

オールワールドチームの二塁手はアメリカのライリー・ホルトルフで、打率は.417、二塁打1、打点4。

アメリカのエリン・コッフェルは、本塁打1と適時打7で打率は.550、オールワールドの三塁手に選ばれた。

メキシコのヤニーナトレビニョ は、の外野手に選ばれた。彼女は二塁打2、三塁打1、打率.476。 

大会のオールワールドチームの外野手は、メキシコの マリアンジェル・バルボサ 、 プエルトリコの タチアナ・ローマ と チャイニーズタイペイのKuei -Ping yeh

この大会のオールワールドチーム指名打者は、米国の メガン・グラント。彼女は、二塁打4、三塁打1、打点5で打率.500を記録した。



最近の投稿