2021 WBSC U-12野球ワールドカップ アジア選手権大会中止でチャイニーズタイペイ、 韓国、 日本が自動的に出場権獲得

2021 WBSC U-12野球ワールドカップ アジア選手権大会中止でチャイニーズタイペイ、 韓国、 日本が自動的に出場権獲得
02/03/2021
このアジアの強豪3カ国は前大会の上位3チームだった。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)とアジア野球連盟(BFA)は、チャイニーズタイペイ、 日本、韓国が今年の WBSC U-12 野球ワールドカップへの出場権を自動的に獲得したことを共同で発表した。

これは、台湾・台南で今月に実施されるはずだった第11回BFA U-12 アジア野球選手権2021がCOVID-19パンデミックで中止されたことを受け決まったもの。この大陸選手権大会はWBSC野球ワールドカップの予選を兼ねていた。

関連記事
- 日本U-12代表チームの仁志敏久監督がNPB2軍監督に就任
- WBSC U-12とU-15で活躍したAdrian MorejonがMLBポストリーズンはドジャーズで初試合
- WBSC U-12ワールドカップ 2011からMLBへ Rafael Marchanがフィリーズでメジャーデビューし、初ヒット
- WBSCが国連ユースデーの価値観を共有 U-12部門でワールドカップを開催する競技は野球とソフトボールだけ
- 台湾の台南にオープンした1億3000万ドルのU-12ベースボールワールドカップ球場が落成

2018年のBFA U-12選手権大会の最終結果では、チャイニーズタイペイ、韓国、日本が上位3チームであったため、このアジア強豪3カ国が台湾・台南で行われるこの夏のWBSC U-12 野球ワールドカップに アジア代表として出場する。

BFAは公式サイトでアジア選手権大会の中止の決定は「大変苦痛だ。苦渋の決断だったが、選手やコーチそして大会に全て参加する人々の安全を考慮した結果である。」と述べている。

チャイニーズタイペイは現在12歳以下部門大会の(同じく18歳以下部門も)世界ディフェンディングチャンピオン。 


U-12 Baseball World Cup