アメリカが台湾を破りU-18 ベース野球ワールドカップ10度目の優勝 

アメリカが台湾を破りU-18 ベース野球ワールドカップ10度目の優勝 
18/09/2022
中堅手Kendall Georgeの敏速な守備がアメリカの試合を支え、リードさせた。Bryce Eldridgeがスリーラン本塁打で点差を開き、そして同じ Eldridgeが7回に登板、相手を無失点に抑えて試合を締めくくった。Blake Mitchell が勝利投手。

第30回 WBSC U-18野球ワールドカップ決勝でアメリカがチャイニーズ・タイペイを5-1で下し、優勝した。これで世界ランキング第 5 位のアメリカはこの年齢層で11回優勝のキューバに次いで10回目の優勝となった。

全米アマチュア野球連盟にとっては今年 3 度目、アメリカにとってはワールドゲームス2022での女子ソフトボール世界選手権の優勝 、そしてU-12、U-15  を含む4 度目の WBSC 世界タイトルだ。

「WBSCの野球は独特です」と試合終了時にアメリカのDenny Hocking監督は述べた。「それは選手達が自分が国のために何ができるかを競うからです。チームは、この大会に向けて一つの家族になったと思います」

「昨夜は、私たちにとって重要なときでした。私たちはホテルに戻り、キャプテンのDylan Cupp がチーム会議を招集しました。会議が終わったとき、彼は私に心配する必要はない、必ず勝つというテキストメッセージを送ってくれました」

52 歳のHocking監督は、選手として 13 年間、954 試合の MLB キャリアを持っている。今、彼は野球の基本に立ち返っている。「人間関係は常に私にとって最優先事項でした。私が望んでいたのは、若者達に金メダルを目指してプレーする機会を与えることだけでした。ベンチに座り試合を見守るリーダーとして、試合後に選手達が勝利に歓喜するのを見ることができたのは感無量です」

アメリカは、劇的な逆転でU-18ワールドカップ優勝を収めた。チャイニーズ・タイペイは2回裏、指名打者 Yi Lei Sunが先発Matthew Dallasから二塁打、三塁手Chieh Hsi Huangがタイムリーを放ち、リードを奪った。

中堅手 Kendall Georgeは、捕手Jia Xiang Sungの浅い右中央へのフライを素晴らしいスライディングキャッチで2回を締めくくった。

アメリカは 3 回まで Sheng En Lin から1安打もとることができなかったが、4 回に適時打で同点に追いついた。一塁手Bryan Eldridgeが四球で歩き、右への鋭いゴロで進塁し、捕手 Gavin Grahovacによる1安打で得点を挙げた。

そしてアメリカは5回表にリードを取った。George Kendallはセンターにポテンヒットを打ち上げて二塁打、犠牲ヒットで進塁し、暴投で得点した。

朝の日本戦で5イニングを捕らえたBlake Mitchellがマウンドに上がった。彼は2.2イニングで1安打のみ許し、6回を連続三振で締めくくった。

「試合中は常にエネルギーを保つ努力をしました。マウンドにのぼることはわかっていました」とは語った。「今朝の逆転勝利が私たちにかなりの自信を与えてくれました」

Bryce Eldridgeは7回表、チャイニーズ・タイペイの3人目の投手 Pao Lo Huang相手にスリーラン本塁打を放ち、チャイニーズタイペイを突き放した。その後、彼は7回裏に登板した。

「このチームには、すべてをこなせる選手がたくさんいる。」とエルドリッジはWBSCに語った。「彼らに活躍する機会を与えることはとても重要だと思う。このチームは非常によくまとまっていて、これはひとえにコーチたちの功績によるものだと思う」

アメリカはこれで U-18野球ワールドカップの過去 6 回の大会のうち 5 回を制したことになり、この年齢層の決勝戦でチャイニーズ タイペイを3勝2敗で制した。しかし特筆すべきは、アメリカは決勝戦のわずか 45 分前に行われたスーパーラウンドでの日本との戦いで逆転勝利したことだろう。