アルゼンチンのGamarci 監督 ニュージーランドで開催された男子ソフトボールワールドカップの「並外れた」素晴らしい経験に感激

アルゼンチンのGamarci 監督 ニュージーランドで開催された男子ソフトボールワールドカップの「並外れた」素晴らしい経験に感激
23/11/2022
「トップ 4 に入ることは、勝利を目指すすべてのチームの目標のはずです。」と Gamarci 氏は述べた。

アルゼンチンは、男子ソフトボールで世界で最も急速に成長している代表プログラムを持っており、どの大会でもほかのチームはアルゼンチンを打倒することを目指す。目を見張る急速な歩みでアルゼンチンを世界ランキング1位に導いた Julio Gamarci コーチがニュージーランドのオークランドで開催される WBSC 男子ソフトボール ワールドカップに先立ち、 WBSC のスペイン語版ポッドキャスト「The Global Game」のゲストに登場した。

Gramarciは、当時世界の舞台で勝利を収められなかったアルゼンチンを、ジュニア レベルで 2 つ、シニア レベルで 1 つの 3 つの世界選手権に導いた。土曜日に、アルゼチンのコーチは、4 回目の男子ソフトボール ワールドカップ出場で、ローズデール パークでのキューバとの再優勝への防衛戦を開始しようとしている。

「トップ4に入ることが、勝利を熱望する全てのチームの目標であるはず」とGramarciは明確な目標を念頭に置いて語った。「適切なタイミングでの正確なプレーをすることが勝利の差となります。私たちは再び大会に参加して、トップ4に入り、できればまた優勝を果たしたいです」

このワールド カップがニュージーランドで開催される事は、ブラック ソックス チームがこの大会で培ってきた歴史と伝統を知る、全てのソフトボール愛好家にとって特別な意味を持っている。49歳の戦術家Gramarciにとって、ニュージーランドの球場球場でプレーすることは、「並外れて特別なことです。特に、この場所で最終日までプレーし、メダルを獲得するチャンスがあるチームとここにいることです」

「ニュージーランドはソフトボール界で最も象徴的なチームです。私たちは、選手だけでなく、チームビルディング、文化的遺産、伝統のために、常に彼らを模倣しようと努めてきたのです」

成功の歴史

スポーツのすべてのハッピー エンド ストーリーには同じ青写真があり、それぞれの成功の裏には膨大な努力と作業が存在する。その好い例が、2019 年に世界チャンピオンになったチーム アルゼンチンだ。

Gamarciは 2009 年にサスカトゥーンで開催された WBSC 男子ソフトボール ワールドカップでプレーした後、引退した。数か月後、彼はジュニア代表チームを育てる仕事の申し出を受け、それが世界タイトルにつながる長期的なプロセスの始まりとなり、その後プラハで優勝し、リマ 2019 パンアメリカン競技大会で金メダルを獲得したのだ。

彼は、バレーボールやバスケットボールなど、アルゼンチンの他のオリンピック スポーツからヒントを得て、彼の国でソフトボールをプロ化するにあたり、彼は、「お金のためにではなく、オリンピックまたはプロのアスリートとしてのトレーニングと準備のために尽力することだ」と述べた。

2 年後、全国各地で若い人材の発掘プロセス、地域のトレーニング センター、代表チームの編成を経て、アルゼンチンは自国自国で開催された U-19 男子ソフトボール ワールドカップ 2012で優勝した。その後、2014年にジュニア世界選手権で優勝を獲得するという偉業を繰り返した。

ジュニア で優勝を連続して獲得した後、Gamarciはジュニア チームのコーチを離れ、シニア プログラムを率いるために呼び戻された。

「シニアレベルでのコーチングは、ジュニアレベルでのコーチングと同じではありません。変化と変容のプロセスは遅くなります」と彼は説明した。

ただし、基本的な労働倫理は同じだ。アルゼンチンは2019 年にワールドカップの優勝を獲得したが、彼のジュニア代表チームから 9 人の選手が出場し、そのうち 8 人がジュニアの世界タイトルを獲得していた。

「これらの選手がティーンエイジャーから世界チャンピオンになるまで成長するのを見ることができて、ヘッドコーチとしてのこれまでの成果が出たとおもいます」

「私の夢は常に、私たちのソフトボールのパラダイムを変えることにありました。それはソフトボール競技を娯楽スポーツから、プロのアスリートとしてトレーニングし生きるスポーツへ変換させるということです。」