オーストラリア野球連盟 1月のメルボルンエース6試合をWBSCがライブ配信

オーストラリア野球連盟 1月のメルボルンエース6試合をWBSCがライブ配信
24/12/2021
2シーズン連続王者のメルボルンエースは1月7日から9日までアデレード・ジャイアンツと、28日から30日までオークランド・トゥアタラと対戦する。

WBSC YouTube チャンネル and Facebookページでオーストラリア野球リーグ(ABL)のメルボルンエースの6試合を配信する。ABLリーグ2連覇のメルボルンは同じくABLの2球団と2022年1月に2つのシリーズ戦を予定している。

1月7日から9日までエースはアデレード・ジャイアンツと3試合シリーズを行う。

アデレードは2020/2021シーズンにメルボルンが唯一対戦しなかった相手で、最後に対戦したのは2020ABLチャンピオンシップシリーズで、エースズが2試合を一掃して勝利した。

「再び対戦できるのを楽しみにしています」とエースズのスターでWBSCプレミア12にも出場したダリル・ジョージはエースズのサイトにコメントした。「新型コロナで色々ありましたが、ファンのみんなの前に立てることが私が受け取る最高のクリスマスプレゼントです」

オークランド・トゥアタラとの3試合シリーズは1月28日から30日まで。

このシリーズ戦はビクトリア州観光局が後援。

ABLは新型コロナウィルスの影響で2021/22シーズンの中止を決めた。

オーストラリア野球連盟のグレン・ウイリアムズCEOによると、このシーズン中止はオーストラリアの競技発展の一つであるリーグ中・長期プランには影響しないという。

関連記事
- Glenn Williams answers questions about the future of the ABL
- メルボルン・エイシズが初優勝 オーストラリア野球リーグタイトル
- メルボルンがオーストラリア野球リーグで2連覇