台湾がU-12およびU-18野球ワールドカップのアジア予選を開催

台湾がU-12およびU-18野球ワールドカップのアジア予選を開催
12/05/2020
U-18アジア野球選手権は9月に高雄で開催され、U-12アジア野球選手権は11月に台南で開催される予定だ。

アジア野球連盟(BFA)は、2020年の U-12およびU-18アジア野球選手権が台湾で開催されることを発表した。これらの両大陸選手権には8チームが参加し、それぞれの大会がWBSCベースボールワールドカップ の予選となる。

BFA U-18アジア野球選手権は、島の南部にある270万人が住む港湾都市である高雄で9月に予定されている。韓国が2018年に最後のBFA U-18選手権で優勝した。

BFA U-12アジア野球選手権は、島の南西海岸にある歴史的な都市であり、U-12ベースボールワールドカップの開催都市である台南で11月に予定されている。2019年U-12ベースボールワールドカップ優勝のチャイニーズタイペイは、2018年の最後のU-12 BFA選手権大会で優勝した。

アジア野球連盟、WBSCの大陸機関は、1954年に設立され、24の加盟国を持つ。