視覚障害者のための野球がタンザニアの教育大学で導入

視覚障害者のための野球がタンザニアの教育大学で導入
16/02/2021
この合意の前に、タンザニア野球ソフトボール協会の役員WBSCアカデミーのコースで視覚障害者のための野球について理解を深めていた。

タンザニア野球ソフトボール協会 (TaBSA)はダルエスサラーム教育大学(DUCE) と合意し、視覚障害者のための野球をアスリート特別教育で教えられることが決まった。

関連記事
- タンザニアがWBSCアフリカ発展プロジェクトに参加
- 2016年ユースオリンピックに向けてタンザニアがベースボール5プロジェクトを開始
- タンザニアに新しい球場がオープン
- 福岡の大学生たちがタンザニアで野球発展支援
- WBSCアカデミー 視覚障害者のための野球オンラインセミナー開講

この覚書にはTaBSAの Ahmed Makata会長とDUCEのStephen Makula学長が署名した。

タンザニアの役員らは12月にWBSCアカデミーでこの競技の基礎セミナーを受け、視覚障害者のための野球について理解を深めた。