野球界は日本のレジェンド野村克也氏の死を悼む

野球界は日本のレジェンド野村克也氏の死を悼む
14/02/2020
彼は史上最高の日本人の長打率の捕手と称賛されている。彼は日本プロ野球(NPB)の史上最高の本塁打王で、王貞治に次いで2番目だ。また監督として、彼はヤクルトスワローズを3回優勝に導いている。

野球界は、日本の最も優れた野球選手の一人、野村克也氏の死を悼む。野村氏は2月11日火曜日、84歳で東京で亡くなった。

野村克也氏は素晴らしい捕手だった。彼は彼のポジション最高記録を19回記録した。打者としても、彼が王貞治に続いて史上最高のホームランリストで2位であったことはいつまでも記憶されるだろう。野村氏は3,107試合で657本の本塁打を放った。彼はまた2,901安打を記録している。

現役選手として、野村はキャリアの大部分(1954-1977)を大阪南海ホークスで過ごした。このチームは後に福岡に移動した。今日では、テクノロジーの巨人といわれるソフトバンクが所有している。野村は最後の3シーズンをロッテオリオンズ(1978年、今日はロッテマリーンズ)と西武ライオンズ(1979〜1980年)で過ごした。彼は1980年のシーズンの後、45歳で選手を引退した。彼は1989年に日本の殿堂入りしている。

彼は1970年に現役選手でありながらホークスの監督に就任、1973年にパシフィックリーグでヤクルトスワローズ(1990-1998)を優勝に導いた。その後阪神タイガース(1999-2001)、楽天ゴールデンイーグルス( 2006-2009)を監督。彼はヤクルトスワローズでで最も成功し、4つのセントラルリーグと3つの日本シリーズで優勝に導いた。

1995年と1997年、現在のサムライ・ジャパンの監督である稲葉 篤紀監督も、彼の優勝チームの選手だった。

"野村克也監督はかつて言っていた。「野村マイナス野球はゼロだ。あなたが私から野球を奪ったら、私には何も残っていない。」

表紙の写真はジャパンタイムズ/共同提供