イタリアの野球ソフトボールシーズン コドーニョで特別開幕戦

イタリアの野球ソフトボールシーズン コドーニョで特別開幕戦
06/07/2020
イタリアでもっとも新型コロナウィルス感染者を記録したコドーニョで今年の最初の公式戦が行われた。野球のトップリーグは7月8日、ソフトボールは7月11日にそれぞれ開幕する。

イタリア野球ソフトボール連盟 (FIBS, Federazione Italiana Baseball Softball)は2月に新型コロナウィルスで最初の感染者を出したコドーニョ(ミラノ南東部のローディ県)で2020シーズンを開会した。

開会式に続き、コドーニョは2020シーズン公式開幕戦コドーニョ対ピアチェンツァの試合を行った。

「この困難な期間、スポーツは優先されていませんでした。」とFIBSのAndrea Marcon会長は語った。「球団のみんなが球場に戻れたことを嬉しく思います。皆さんに感謝いたします。イタリア野球ソフトボール関係者たちはこの2020シーズンをともに実現しました。」

トップ野球リーグ「セリエA1」は6チームが対抗。各球団はレギュラーシーズン30試合を行う。試合は7イニングに短縮された。レギュラーシーズン終了後、上位2チームがイタリア野球シリーズ7試合を行う。開幕戦は7月8日(水)に予定されている。

トップソフトボールリーグ(こちらも「セリエA1」)は9チームが2グループに別れて対抗する。グループBの4チームは7月11日(土)に開幕する。各チームはレギュラーシーズン18試合行う。グループAは7月15日(水)より開幕し、レギュラーシーズン20試合。

プレーオフの第一ラウンドは両グループの2位と3位が戦う。勝者は9月19日から27日までの準決勝リーグに進む。イタリアソフトボールの5試合シリーズは10月3日から11日まで予定されている。

野球とソフトボールトップリーグの開幕戦は生配信される。

FIBSは開幕プレゼンテーションの間、2021野球ヨーロッパ選手権大会の開催に立候補していることを発表した。イタリアは2021年にソフトボールヨーロッパ選手権チア会(WBSC女子ソフトボールワールドカップ予選)と野球U-18ヨーロッパ選手権大会(WBSC U-18野球ワールドカップ予選)を開催する。両大会はどちらも2020年に予定されていたが1年後に延期された。