ベースボール5がアジアインドア&マーシャルアーツゲームズで正式に実施決定

ベースボール5がアジアインドア&マーシャルアーツゲームズで正式に実施決定
05/10/2022
このアジアスポーツ競技大会は2023年11月にタイで開催される。

第6回アジアインドア&マーシャルアーツゲームスの種目にベースボール5が加わることが決定した。同大会は、2023年11月17日から26日まで、タイのバンコクとチョンブリで行われる。

WBSC事務局長およびアジアソフトボール連盟会長のベンチュー・ローは、カンボジアのプノンペンで開催された第41回アジア オリンピック評議会 (OCA) 総会の決議を受け、すべてのアジアおよびオセアニアの国内連盟に「各国おオリンピック

委員会を通じて参加の準備を整える」よう呼びかけた。 

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「ベースボール5が国際的な競技大会に加えられ、世界中で人気が高まっていることがわかります。 最近行われたベースボール5アジアカップでも新たな選手や観客を惹きつけていることから、私たちの最新の競技の成功を証明しています。これがアジアインドア&マーシャルアーツゲームズでも続くことを楽しみにしています」とコメントした。

ベースボール 5 は、来年チュニジアで開催される ANOCA ビーチ ゲーム、セネガルのダカールで開催される 2026 年のユース オリンピックでも実施される。

アジアインドア&マーシャルアーツゲームズ(AIMAG)は、アジアインドアゲームズ(AIG)とアジアンマーシャルアーツゲームズ(AMAG)という、以前は別々にOCAが公認していた2大会が統合されたもの。アジアとオセアニアのオリンピック委員会が関わっている。

第1回は 2005 年にバンコクで開催。 第5回は 2017 年にトルクメニスタンのアシガバートで開催された。第7回は 2025 年にサウジアラビアのリヤドで開催される予定。

過去の大会ではフットサル、3x3バスケットボール、バレーボールなどの他のチーム 競技が実施されていた。

アジアは最近、ベースボール5 アジアカップがはじめて開催。チャイニーズ・タイペイが優勝し、2位の日本と3位の韓国と共に第1回WBSCベースボール5ワールドカップへの出場権を獲得した。

ベースボール 5 ワールドカップには 12 の代表チームが参加する。

アフリカ (2)  南アフリカ、ケニア

南北アメリカ (2)  キューバ、ベネズエラ

アジア (3)  チャイニーズ・タイペイ、日本、韓国

ヨーロッパ (2)  フランス、リトアニア

開催国 (1)  メキシコ

オセアニア (1)  オーストラリア

ワイルドカード (1)  チュニジア

ベースボール 5 ワールド カップは、11月7日から13日までメキシコシティで開催。