ベースボール5、マレーシアの野球/ソフトボール競技発展に貢献

ベースボール5、マレーシアの野球/ソフトボール競技発展に貢献
29/04/2022
ベースボール5は、野球/ソフトボール競技を広めるためにマレーシアの統括機関であるソフトボール協会によって活用されている。

ベースボール5は、マレーシアソフトボール協会(SAM)2022-23開発計画の一部に該当する。

3月、SAMは、事務局長のWilleam MahChoonHowがコーディネートしベースボール5 活動を開始した。最初のステップは、小学校に野球/ソフトボールの5対5バージョンを導入することだ。

SAMは、ベースボール5をさまざまな年齢層に拡大する可能性も認識されている。

「どこでもプレイできます。10歳から70歳まで、マレーシアの誰もが参加できます」と記者会見で述べている。

SAMは、ベースボール5が提供する#playeverywhereのチャンスを最大限に活用して、3月に予定されている活動を無事に完了した。SAMは、ソフトボール、フットサル、バドミントンの会場で野球/ソフトボールの5対5バージョンを練習した。

2つのベースボール5クリニックは、ペナン島とイポー(ぺラ)に60人の参加者を集めた。ペナン島は、ペナン州教育局の60人の教師を対象としたコースも主催した。さらに2つのベースボール5クリニックは、トレンガヌの屋内とクワンタン(パハン)の屋外で60人の参加者を集めた。

5月にはさらに多くの活動が予定されている。SAMは ベースボール5を マラッカ, ジョホール, クアラルンプール, スランゴール, Polimas (ジトラ) そして再びペナン島に紹介することを計画しており、200人以上の参加者を勧誘することを推定している。

マレーシアは、夏にWBSC ベースボール5ワールドカップのアジア予選を主催し、10月に初の国内ベースボール5オープンを開催することに取り組んでいる。

マレーシアベースボール5リーグの立ち上げは2023年に予定されている。