アフリカ国内でベースボール5振興 カーボベルデ五輪委員会が発展支援

アフリカ国内でベースボール5振興 カーボベルデ五輪委員会が発展支援
19/04/2022
5人制競技のベースボール5の競技はセネガル・ダカール2026ユースオリンピック(YOG)で行われる。

カーボベルデ五輪委員会はミンデロ、ボア・ヴィスタ島 、フォゴ島、サンティアゴ島でコーチ講座を行い群島でベースボール5振興支援を行うことを発表した。

5人制競技のベースボール5はセネガル、ダカールで開催の2026ユースオリンピック(YOG)で行われる。野球ソフトボール競技が公式的にYOG競技として行われるのはこれが初めてのこと。

オリンピックニュース専門の「Inside the Games」によると、カーボベルデのベースボール5振興事業はオリンピックソリダリティ国内スポーツ振興プログラムを通して行われるという。

これは国内オリンピック委員会が野球・ソフトボール、水泳、重量挙げ、体操などの国内競技連盟と合意した覚書の中の合意事項の一つ。

カーボベルデ野球ソフトボール連盟は、2020年に学生時代にアメリカでダイヤモンドスポーツに魅了された現在の会長のLuiz Roberto Nunes氏によって設立された。同会長はロサンゼルス・ドジャースとアトランタ・ブレーブスの試合を観戦して野球に惚れ込み、その後ソフトボールをプレーした。