チャイニーズタイペイがWBSC野球最終予選出場辞退 4チームのみ出場

チャイニーズタイペイがWBSC野球最終予選出場辞退 4チームのみ出場
04/06/2021
野球最終オリンピック予選は6月22日~26日までメキシコのプエブラ市で実施。

チャイニーズタイペイ野球代表チームがWBSC野球最終予選の出場を辞退することを中華民国棒球協会が発表した。世界4位のチャイニーズタイペイはオリンピック最終予選出場チームのなかでもトップランクの一つだったが、これで4チームのみの出場となった。

「現在のパンデミック拡大予防の自粛政策ではチームが集まり練習したり調整したりすることはほぼ不可能です。」とCTBAは伝えた。「今回のパンデミック拡大の状況ではオリンピックの夢はあきらめざる得ないという決断に達しました。」

最終予選はもともと6月16日~20日まで台湾で開催予定だったが、その後台湾が新型コロナウイルスの感染防止対策を強化したため、6月22日~26日までメキシコのプエブラ市に変更された

WBSCは現在のところ、最終予選には4チーム出場で実施されると伝えた。世界6位オーストラリア、6位オランダ、そして現在フロリダで開催中のアメリカ大陸予選2位と3位チームが出場する。