ディーン・クレマーがイスラエル人二人目の MLBロースター入り

ディーン・クレマーがイスラエル人二人目の MLBロースター入り
10/09/2020
右投げ投手ディーン・クレマーは2014年から2017年までイスラエル代表を務めた。

9月6日、ディーン・クレマーがイスラエル出身二人目のメジャーリーグベースボール選手となった。これは2019年にイスラエル市民権をとり、今年マイアミ・マーリンズでプレーしたライアン・ラバーンウェイに続く快挙だ。

カリフォルニア生まれの24歳右投げ投手クレマーがメジャーリーグベースボール(MLB)デビューを果たした。彼は6イニング投球、ニューヨーク・ヤンキースのパワフルなラインナップをわずか1安打、3四球で抑えた。リリーフ3人の援護でクレマーは5対1で初MLB勝利を飾った。

Visualizza questo post su Instagram

9/6/20 Dreams came true.

Un post condiviso da Dean Kremer (@dj_krey6) in data:

クレマーの両親アディとシガルはどちらもイスラエル人。イスラエル国防軍の兵役を終えた後、二人はアメリカに移住した。

ディーンはカリフォルニアで育ったが、ユダヤ教徒の成人式であるバル・ミツワーはイスラエルで行った。2013年にリンカーン高校を卒業した後、クレマーはユダヤ人のオリンピック「 マカビア競技大会」で投球し、チームの金メダル獲得に貢献した。

その後クレマーはイスラエルの代表チームに加わった。彼は2014年と2015年にイスラエル代表としてそれぞれヨーロッパ選手権大会の二つの予選ラウンドで投球した。彼は決勝でスウェーデンに敗れた。

クレマーは2017ワールドベースボールクラシック予選にイスラエル代表として出場し、グループAを一掃してチームを第二ラウンド進出に貢献した。

クレマーはMLBロサンゼルス・エンゼルスと2016年に契約(14万7500万ドル)した、2018年7月、彼はドジャーズがバルティモア・オリオールズからスーパースターのマニー・マチャド獲得のためにドジャーズが提示した5名のトレード選手の一人だった。

クレマーは2019年にトリプルAに昇格。2020春トレーニング中オリオールズスタッフの目に留まり、60名のプレイヤー・プールに加えられた。

関連記事

ジョン・モスコットがイスラエル代表として東京オリンピック出場

イスラエルがオリンピック野球大会に初出場