第6回WBSC U-12ベースボールワールドカップの視聴方法

第6回WBSC U-12ベースボールワールドカップの視聴方法
28/07/2022
U-12ベースボールワールドカップの一部の試合は、独占提携放送局を介して、またはWBSCのプラットフォーム「gametime.sport」から視聴できる。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は本日、7月29日金曜日に台南で開催される第6回 WBSC U-12ベースボールワールドカップが、参加している11チームの5つの地域と国で放送され、数百万人の視聴者に届く可能性があることを明らかにした。

WBSC U-12ベースボールワールドカップの放送パートナーには、南北アメリカとアジアのネットワークやスポーツチャンネルが含まれる。

メキシコ:メガケーブル、TVCデポルテス
パナマ:COS
ベネズエラ:ByMスポーツ、SimpleTV、メリディアーノテレビシオン
日本:J sports
台湾:ビデオランド、ELTA、LINE TODAY

また、WBSCオンラインプラットフォーム「Game Time」を介して、一部の試合を生配およびオンデマンドでU-12ベースボールワールドカップを視聴できる。放送スケジュールおよび利用可能なパッケージ・バンドルに関する情報は、gametime.sportのWEBサイト(地域によってブロッキング制限が適用される場合あり)を参照。 T正式に公式世界タイトルを決めるこの国際大会は、7月29日から8月3日までのグループステージで始まる。

正式に公式世界タイトルを決めるこの国際大会は、7月29日から8月3日までのグループステージで始まる。

  • グループA:チャイニーズ・タイペイ、メキシコ、ベネズエラ、イタリア、南アフリカ、パナマ
  • グループB:日本、韓国、米国、チェコ共和国、ドミニカ共和国

各グループの上位3チームは、8月4日から6日まで開催されるスーパーラウンドに進む。決勝戦は8月7日日曜日に実施。

WBSC U-12ベースボールワールドカップの現在の本拠地は、1億3000万ドルを投資して建設され2019年にU-12ベースボールワールドカップを開催した台南アジア太平洋国際野球場だ。