第4回WBSC U-23野球ワールドカップまであと10日

第4回WBSC U-23野球ワールドカップまであと10日
03/10/2022
10月13日に台北市の天母野球場で行われるチャイニーズタイペイ対プエルトリコの試合で大会は開幕する。決勝戦は10月23日(日)。

第4回 WBSC U-23ベースボールワールドカップが10日後に台湾の台北市、台中、斗六で開幕する。

出場12チームは10月11日までに台湾に到着。10月12日(水)は練習とテクニカル ミーティングに充てられる。

同大会は10月13日(木)の18時30分(現地時間)に台北市の天母野球場で、開催国チャイニーズ タイペイ(世界ランク2位)とプエルトリコ(16位)との試合で開幕する。

出場12チームは通常のWBSCワールド カップの大会形式で戦う。グループラウンド(10月13~18日) 終了後、各グループの上位 3チームがスーパー ラウンドに進み、その他のチームはプレースメントラウンドで順位を決定する (10月20 ~ 22日)。スーパーラウンドの上位2チームが決勝、3位と4位のチームが3位決定戦に進む。決勝戦は10月23日(日)。

試合は7回まで。 5回終了の時点で10点差以上開いた場合、失点差ルールで試合が終了する。このルールは決勝の試合には適用されない。

7回終了後も同点の場合、延長8回から無死、走者1、2塁走者無死で開始する。

グループラウンド、スーパー ラウンドまたはプレースメント ラウンドの終了時に 2 チームの勝率が並んだ場合、同点のチーム同士の試合で勝利した方が上位となる。

3チーム以上が同率に並んだ場合、、チーム クオリティ バランス (TQB) が適用される。 TQBの計算方法は、 (得点 / 攻撃イニング) - (失点 / 守備イニング)。

大会規定の詳細はこちら

関連記事
- WBSC U-23野球ワールドカップの組分けと試合日程が発表
- WBSC U-23野球ワールドカップ2022 取材許可証の受付開始

第4回WBSC U-23 野球ワールドカップではCOVID-19 感染・拡散リスクを減らすための措置が取られる。

WBSC、地元組織員会 (LOC) および地方保健当局が協力して安全衛生計画の実施を監督するために安全衛生委員会が立ち上げられる。参加する各代表チームは、プロトコル管理をサポートするCOVID-19 リエゾン オフィサー(連絡係)を指名する。

チーム、大会関係者、WBSC および LOC のスタッフは保護された環境下で過ごし、マスクを着用する。

チームは、試合開始前の紹介中には一人一人が物理的距離を維持し、可能であれば相手チームの選手、審判員、フィールド クルーからも距離を保つように努める必要がある。試合前のラインナップ交換はない。

唾を吐くことは禁止されており、チームは自分のロジンバッグや松ヤニのみを使用する。

大会開催後にチーム内でCOVID-19集団発生(COVID-19検査で24人中8人以上の選手が陽性と定義される)が起こった場合、チームの大会出場が中断され、チームの残りの選手たちも隔離し再検査を行う。