パキスタンのシソドで新しく野球アカデミーが開校

パキスタンのシソドで新しく野球アカデミーが開校
20/04/2020
パキスタン野球連盟のSyed Fakhar Ali Shah会長はアカデミー運営に必要な用具を個人的に寄贈した。シソド野球連盟は地元野球チームのキャプテンJawad Aliの逝去を悼んだ。

2月に市長によるグジュランワーラーの新野球場建設の発表に続き、パキスタン野球連盟(PFB)はCOVID-19パンデミック収束後のスポーツ活動再開とともに新たな変革を行う準備ができていることを発表した。

PFBのSyed Fakhar Ali Shah会長は連盟はパキスタン北東部のシソド州に野球アカデミーを設立すると明かした。アカデミーには男女の野球選手らを受け入れる。

シソド野球連盟のMohammad Mohsin Khan会長はSyed Fakhar Ali Shah氏の個人的な尽力でアカデミーが開校できたと感謝した。パキスタン野球連盟会長はシソドに必要な用具を個人寄贈した。

このニュースを受けとる前、シソド野球協会は地元野球チームのベテラン投手で主将だったJawad Aliの逝去を悼んでいた。Jawad Aliは糖尿病の合併症でなくなった。

パキスタンは現在WBSC野球世界ランキング27位。ワールドベースボールクラシック予選では、ブラジル、フランス、ドイツ、ニカラグア、南アフリカと対決する予定だったが、予選は延期になった。

パキスタン女子野球代表は現在世界17位。