上海が第1回中国女子野球選手権大会で優勝

上海が第1回中国女子野球選手権大会で優勝
22/11/2022
杭州の瓜瀝で開催された大会には 4 チームが参加。中国野球協会は、この大会を女子野球代表チームのトライアウトとして利用した。

上海が天津を破り、史上初の中国女子野球選手権大会で優勝した。

杭州の小さな町、瓜瀝で開催された歴史的な大会に 4 チームが参加した。紹興(浙江省)が 3 位、恵県(河南省)が 4 位だった。

大会には150人を超える選手とコーチが参加したと、中国野球協会は報告している。選手の年齢は16歳から32歳まで。ほとんどが野球経験者だが、大会には高校生や初心者も参加していた。

チームは、8 本塁打を含む 119安打を記録した。

中国野球協会は、この大会を中国女子野球代表チームのトライアウトとして利用した。