スイス初のe野球チャンピオンが戴冠

スイス初のe野球チャンピオンが戴冠
17/03/2021
Twitch、YouTube、Facebookのライブストリームには5,000人を超える視聴者が、14,800分以上の視聴時間でログインした。

LivioBundiとBrunoAlbrechtが、2020年後半にWBSCの電子野球/ソフトボール競技の承認を受けて開始され、ヨーロッパ初の公式仮想野球競技、スイス野球Eスポーツリーグ(SBEL)の最初のチャンピオンとなった。

Bundiは、チューリッヒBarracudasがTherwil Flyersを7-4で下し、ジュニア(U-34)12チームリーグで優勝した。

「私は[この野球のビデオゲーム]を約5年間プレイしています」と、BundiはWBSCに語った。「私はこのゲームにかなりの経験があります。ゲーマーは、野球を実際にフィールドでプレーしているかのように、手と目のコーディネーションが必要だと思います。」

Bundiは決勝戦について説明する際に、「ソロホームラン」と彼の「巨大な5得点イニング」について話している。

「私は10年以上野球をしています」とBundiは付け加えた。「私はユースレベル(U-15、U-18、U-23)で、そしてスイス代表チームのトップレベルで多くのヨーロッパ予選に参加しました。今 COVID-19の制限下で、私は全体を通して体調を維持しようと思っています。」

関連記事

- WBSCがeスポーツを野球ソフトボールのバーチャル版種目として承認 将来公式ワールドカップコンピューターゲームを開催 

- 新しいeスポーツ野球リーグはすでに成功

- スイスがヨーロッパ初のe-スポーツ野球リーグを開催

BundiはSBELのコーディネーターも務めた。

「全国連盟とシニアeスポーツは私にリーグを調整するための[プロジェクト]を提供してくれました。それは本当によい経験でした。たくさんの素晴らしいゲーマーに会うことができ、それは素晴らしい名誉でした。私が全部勝てたのでそれも大成功でした。"

上の写真のAlbrechtは、8チームのシニアまたは34歳以上のリーグで優勝した。彼のEmbrachMustangsはTherwilFlyersを4-0で完封した。

."チューリッヒBarracudasの元プレーヤーRenéMerkliは、SBELをホストしたプラットフォーム、「Senior e-Sports」の創設者だ。「開発チームは、SBELをプラットフォーム/アプリに組み込むために多大な努力を払いました。」とMerkliはコメントした。「最初は、アプリを使ったことがないプレイヤーからいくつか質問がありました。結局、すべてが非常にスムーズで安定しました。また、スイス連邦のウェブサイトでスケジュールと結果を公開することもできました。」

SBELの初版は成功に終わった。

「Twitch、YouTube、Facebookのライブストリームには5,000人以上のユニークな視聴者がいて、14,800分以上視聴していました。これは、スイス市場ではかなり良い数字です」とMerkli氏は述べた。

Merkli氏によると、このリーグは全国紙(Luzerner Zeitung、St。GallerTagblatt、Basler Zeitung、Jungfrau Zeitung)および国内最大のオンラインショッピングプラットフォームであるDigitech.chでも報道されたそうだ。

SBELはセカンドシーズンを迎える。

「まだ決まった日程はありません」とMerkliは最後のメモで述べた。「まだ計画中ですが今回受け取ったフィードバックに取り組もうと思います。セカンドシーズンが始まる前にSBELを改善したいと考えています。」


Global Game