チェコ共和国女子野球振興に取り組む推進者たち

チェコ共和国女子野球振興に取り組む推進者たち
19/04/2021
中央ヨーロッパの国チェコ共和国は、ヨーロッパの中でも最も発展した野球国の1つだ。

チェコ共和国は、2019年夏に行われた最初のヨーロッパ女子野球選手権大会に参加したヨーロッパ3カ国の1国だ。

ヨーロッパ選手権は、現在WBSC女子野球世界ランキングで20位になっているチェコ共和国女子野球チームのデビューを歓迎した。

2019年のチェコ共和国代表チームは、女子ソフトボール選手から転向した選手で構成されていた。チェコでは女子は青少年部門の13歳までは男女混合で野球をし、そのあとソフトボールに転向する傾向がある。

関連記事
-イギリス連盟が女子野球リーグを発足
- France wins first-ever Women's Baseball European Championship

.2015年に英国の学生として野球を始めたAdela・Koubovaは、ウェブサイトMilujeme-baseball.czに、チェコ共和国に戻ったらソフトボールに切り替えるようにアドバイスされたと語った。2019年の夏、彼女はロンドン・メッツ野球球団に出場していた。

私たちは名簿に載っているたった2人の女性でした。」と彼女はコメントした。「それは全く問題ではありませんでした。」

Koubovaは現在、チェコ共和国での女子野球発展を推進する 彼女は、2019年のチェコ女子代表の名簿に載っていたPavla・ Miksovaと共に、チェコ野球協会(CBA)の会長であるPetr Ditrich氏とのミーティングを予定しており、女性に野球をする機会を増やすことについて互いに模索する。

次回のヨーロッパ女子野球選手権は2022年に予定されており、チェコ共和国はすでにRichard・ Kania氏 を代表チームの監督に指名している。

Global Game