キム・ギョンムン 氏が東京2020の韓国代表チームの監督に決定

キム・ギョンムン 氏が東京2020の韓国代表チームの監督に決定
17/07/2020
彼は韓国をWBSC Premier12 2019の決勝に導き、また2008年北京オリンピックの金メダルチームの監督だった。

韓国野球機構(KBO)は、キム・ギョンムンが2008年北京オリンピック優勝チームに続き、再優勝を目指す代表チームの監督に就任したと発表した。

キム氏は最初の任期中に韓国を代表チームの監督として金メダルに導き、WBSC Premier12 2019の強さを誇示し、韓国が2位に輝き、来年の東京2020オリンピックの出場を決めた。彼の任務は2020年の終わりに期限が切れるはずだったが、オリンピックの延期決定後に更新された。

キム氏は1958年に生まれた。彼はKBO(1982-1991; OB Bears and Pacific Dolphins)でキャッチャーとして10シーズンプレーした。彼の通算平均打率は.220だったが、彼は史上最高のKBO捕手の1人と見なされている。キムはKBOの監督としても、896勝774敗を記録している。

KBOは世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の準会員。

関連記事:プレミア12 2019終了後のキム・ギョンムンインタビュー