07/11/2022 - 13/11/2022

 

Hosted by:   MEX

Baseball5 World Cup 2022 - Official Payoff

チュニジアがWBSCベースボール5ワールドカップのワイルドカード枠に決定 出場12チームが揃う

チュニジアがWBSCベースボール5ワールドカップのワイルドカード枠に決定 出場12チームが揃う
13/09/2022
チュニジアは世界79番目の国と地域(アフリカでは9番目)のWBSCワールドカップ出場を飾る。

世界野球連盟は、チュニジアが第 1 回 WBSC ベースボール 5 ワールドカップのワイルドカード枠を獲得したことを発表した。

ベースボール 5 アフリカ選手権大会で南アフリカとケニアに次いで3 位に終わったチュニジアの出場決定により、11月7日から13日までメキシコシティで有名なエル ソカロで開催される大会出場12チームが全て揃った。

出場チーム:
アフリカ (2) 南アフリカ、ケニア
アメリカ大陸 (2) キューバ、ベネズエラ
アジア (3) チャイニーズタイペイ、日本、韓国
ヨーロッパ (2) フランス、リトアニア
開催国 (1) メキシコ
オセアニア (1) オーストラリア
ワイルドカード (1) チュニジア

チュニジア野球・ソフトボール連盟のセイバー・ジャラジャ会長は、「チュニジアが第1回ベースボール5ワールドカップに参加できることを大変光栄に思います。ベースボール 5 は我が国で盛んに行われており、私たちのこれまでの努力とチームの可能性が認められたのだと思います」

WBSCアフリカ連盟のアルバート・K・フリンポン会長は「史上初のベースボール5ワールドカップにアフリカ代表3チームが出場できることは、アフリカ大陸にとって画期的な出来事だ」と語った。 「予選大会も成功に終わり、国際舞台でアフリカの実力が披露できることを楽しみにしています。2026 年のセネガル・ダカールでのユース オリンピック、ベースボール 5競技実施も今から楽しみです」

ベースボール 5 ワールド カップまであと 2 か月を切り、本大会に向け全チームが現在調整に入っている。

エル ソカロは、メキシコ シティ中心部の主要広場であるコンスティトゥシオン広場の通称。植民地時代 (1521 ~ 1821 年) 以前は、アステカの都市テノチティトランの主な儀式が行われていた。

WBSCは偶数年に WBSC ベースボール 5 ワールドカップ、奇数年に WBSC ユース ベースボール 5 ワールドカップ (14-18 歳) を予定している。両大会とも隔年で行われる。

2025年ユース ベースボール 5 ワールド カップは、公式メダル種目として初実施される2026 年ダカール ユース オリンピック競技大会への予選を兼ねている。