WBSCインテグリティユニット 試合の不正操作防止とアンチドーピングに関するウェビナー開始

WBSCインテグリティユニット 試合の不正操作防止とアンチドーピングに関するウェビナー開始
20/11/2021
試合の不正操作に関するウェビナーは、11月25日と30日の2つのセッションが予定されており、アンチドーピングに関するものは12月2日に予定されている。

インテグリティーユニット は、会員を対象にウェビナーシリーズを提供している。すべてのウェビナーは英語とスペイン語で利用することができる。

最初のウェビナーは、試合の不正操作の防止に関するものだ。WBSCは、国際オリンピック委員会(IOC)と協力してこのウェビナーを開催する。

試合の不正操作は、私たちのスポーツの基盤そのものに脅威をもたらし、スポーツ競技の基本的な精神を人為的に取り除いてしまう。したがって、試合の不正操作を防ぐ方法について私達共同体を教育することが重要となる。

WBSCは、この80分のウェビナーの2つのセッションを予定した。1つ目は、11月25日木曜日の中央ヨーロッパ時間午後1時30分で、オフィシャルを対象に公開されている。2つ目は、11月30日火曜日で、アスリートが利用できる。

どちらのウェビナーにも、アクセスにIDとパスコードが必要で、WBSCはそれらを加盟連盟に通知した。

2つ目のウェビナーはアンチドーピングに関するもので、加盟連盟のスタッフが参加できる。

WBSCは、ドーピングとの闘いを推進するために、すべてのWBSC会員の協力を求めている。このセミナーでは、WBSCは、WBSCの定款とWADAアンチドーピングコードに完全に準拠するために国内で実施できる教育とテストのためのいくつかの主要な活動を提示する。

ウェビナーは、12月2日木曜日のローザンヌ時間午後3時に予定されている。登録必須