WBSC プレミア12、東京 2020 卒業生のイ・ジョンフが KBO MVP獲得

WBSC プレミア12、東京 2020 卒業生のイ・ジョンフが KBO MVP獲得
18/11/2022
イ・ジョンフは5つの打撃部門でリーグ首位を獲得し、ほぼ満場一致でMVPに決定した。彼の父、イ・ジョンボムも1994 年の MVPを獲得している。

WBSC プレミア12 東京 2020オリンピックに出場したイ ジョンフが、韓国野球機構 (KBO) リーグ MVP の栄誉を獲得した。

キウム ヒーローズの外野手・イ・ジョンフは、5 つの主な打撃部門でリーグ首位となり、12 年ぶりに選手として107票中104票というほぼ満場一致で票を獲得した。

イ・ジョンフは打率.349で2連覇を達成、さらに193安打、113打点、出塁率 .421、長打率 .575 でリーグ首位に立った。

イ・ジョンフは本塁打23で5位タイで三冠を逃した。

2017年に新人王を獲得したイ・ジョンフは、リュ・ヒョンジン(投手)、ソ・ゴンチャン(内野手)に続いて、新人王とMVPの両方を達成した3人目の選手となった。

イ・ジョンフの父、2001年シーズン後に引退した 5 ツールプレイヤーの遊撃手・イ・ジョンボムは、1994年にMVPを獲得している。これにより2人は KBO MVPに輝いた初の親子ペアになる。

イ・ジョンボムは「風の息子」と呼ばれていたことから、ファンはイ・ジョンフを「風の孫」と呼んでいる。