WBSC会長 初開催のベースボール5ワールドカップ大成功とその輝かしい未来を語る

WBSC会長 初開催のベースボール5ワールドカップ大成功とその輝かしい未来を語る
16/11/2022
世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) のリッカルド・フラッカーリ会長が、メキシコで開催された初のベースボール 5 ワールドカップの大成功を振り返り、その輝かしい未来について語った。

メキシコでの第1回WBSC ベースボール5ワールドカップが土曜に閉幕し、私はこの大会がいかに特別で重要であるかに驚かされました。 2017 年にベースボール 5 が立ち上げられて以来、非常に長い間目指してきた目標が実現した瞬間でした。

メキシコシティの中心部にある象徴的で歴史的なエル ソカロで開催されたこの大会は、世界最高の男女混合ベースボール 5 代表12チームが集まり、都市型競技が世界タイトルをかけて競う初めての究極の舞台でした。もちろん、決勝で日本を破った後、この歴史的な栄誉を獲得したキューバにお祝いを申し上げますが、大会を通して、競争力のある素晴らしい試合を行い、同時に楽しくフェアプレーを行うという大会の本質を披露してくれたすべてのチームに心からの称賛を贈りたいと思います。

スピーディで、ダイナミックで、多くの若者を魅了するベースボール 5 は、エル ソカロの観衆を席巻しました。競技/ウォームアップ用の 3 つのフィールドと、ファンがプレーするための別の 3 つのフィールドがあり、これほど多くの人が初めてベースボール 5 を直に体感出来たのは素晴らしいことでした。この革新的で現代的なスポーツがいかに親しみやすく、習得しやすいかを実際に紹介することが出来ました。特別な設備や専用のピッチを構築する必要はなく、野球の経験も必要ありません。それは純粋な形のスポーツであり、言葉にできない喜びを生み出し、人々を結びつけます。

.またアフリカからケニア、南アフリカ、チュニジアの 3 チームが 初めてWBSC ワールド カップ イベントに出場する事ができたことに、とても感激しています。3 チームすべてが信じられないほど良いプレーをし、優れた運動能力とスポーツの卓越性を示し、それぞれの国と国旗のためにプレーするという誇りは誰の目にも明らかでした。特にチュニジアにとっては、ワールド カップ (ベースボール、ソフトボール、またはベースボール 5) のデビュー戦であり、驚いたことに、チームはスーパー ラウンドまで進みました。

まさにこの大会の主役はアスリート達でした。彼らのパフォーマンスはメキシコ内外のファンを魅了し、ベースボール 5 の都会的で若い精神を完璧に体現していました。彼らはまた、ソーシャル メディアで素晴らしい経験を共有することで、ベースボール 5 ワールド カップの最も声高なアンバサダーでもありました。

開催国であるメキシコの並外れたプロ意識にも注目しなければなりません。メキシコシテイ政府からメキシコ国家体育・スポーツ委員会(CONADE)、メキシコシティスポーツ研究所まで、彼らは私たちの期待を上回り、初のベースボール5ワールドカップを唯一無二の大会にしました。 WBSC は主催者と協力して、アスリートがパフォーマンスできるこの壮大なステージを提供できたことを大変嬉しく思います。

この素晴らしいイベントで構築されたプラットフォームは、ベースボール 5 のグローバル化を加速するための出発点として機能します。来年の第1回ユースワールドカップの予選がすでに行われている一方、ベースボール5は2023年の全アフリカビーチゲームズとアジアインドア&マーシャルアーツゲームズに参加する予定です。

また、2026 年ダカール ユース オリンピックでベースボール 5 がデビューする前の 2024年に開催される次の大会の予選に、このワールドカップを大成功に導いた多くのアスリートが戻ってくることを楽しみにしています。

ベースボール 5 には非常に明るい未来があり、多くの新しいマイルストーンが進行中です。しかし、スポーツの成功は決して一人では達成できません。世界のベースボール ソフトボール コミュニティは現在、ベースボール 5 の成功を目の当たりにしており、今こそこの急成長する分野をさらに受容し、世界中のできるだけ多くの人々がベースボール 5 が提供するすべてを体験できるように前進を続けようではありませんか!