WBSC会長のリッカルド・フラッカ―リ氏がアメリカスポーツアカデミー・イーグル賞を受賞

WBSC会長のリッカルド・フラッカ―リ氏がアメリカスポーツアカデミー・イーグル賞を受賞
05/06/2021
USSAは、WBSCフラッカーリ会長の「野球とソフトボールの成長と、両種目をオリンピックに取り入れるための彼の努力に対する大きな貢献」を認めた。

BSCのリッカルド・フラッカーリ会長は、ベネズエラ対アメリカ戦のWBSC アメリカ大陸野球予選最終試合開始前の試合前開会式で、2019年アメリカスポーツアカデミーのイーグルアワードを受賞した.

イーグル賞は、アカデミーの最高の国際的栄誉で、USSAは、フラッカーリ会長の「野球とソフトボールの成長と、両種目をオリンピックに取り入れるための彼の努力に対する重要な貢献」を認めた。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は、アメリカスポーツアカデミーのイーグルアワードを2020年6月11日のアカデミーの卒業式で受賞される予定だったが新型コロナのパンデミックで中止となった。

WBSC会長は、「スポーツ史に残る多くの著名人とともにイーグル賞を受賞できて、本当に光栄です。」と語った。

イーグル賞は、1985年に大韓民国オリンピック委員会のChong Ha-Kim会長に初めて贈られた。年次賞の他の著名な受賞者には、メキシコオリンピック委員会の Mario Vazquez-Rana会長(1986年)、IOC会長のJuan Antonio Samaranch氏 (1992年と1998年)、Pele 氏(1994年)、HSH IOCのモナコ王王国のAlbert王子(1996年)、NBAコミッショナーの  David Stern氏(2008 年)、ヨルダン オリンピック委員会の会長および平和擁護者 HRH  Feisal bin Al Hussein氏 (2014 年)、WADA 会長の Craig Reedie卿 (2016 年)などがいる。