アフリカのベナン共和国で28名のコーチが9日間のWBSC講習会参加

アフリカのベナン共和国で28名のコーチが9日間のWBSC講習会参加
10/01/2020
元カナダソフトボール代表チームのヘッドコーチ Mike Renney氏が9日間のWBSC講習会を行なった。この講習会はベナン国内オリンピック競技委員会とオリンピックソリダリティの助成金により実現した。

WBSCはベナン野球ソフトボール協会の野球、ソフトボール、ベースボール5のコーチ講習会を行なった。これらの講習会はすべてベナン国内オリンピック競技委員会を通してオリンピックソリダリティから助成された。

ベナン国内のコーチ28名(男24名、女4名)が2019年12月9日から18日まで行われたこの講習会に参加した。

「この講習会はベナンのコーチの能力を強化するために開催されました。この講習会は大成功に終わりました。」とベナン連盟のFernando Lavenir Atannon会長はコメントした。

この講習会では、1994年から2018年までカナダの唯一のNCAA校である Simon Fraser大学でソフトボールのヘッドコーチ、さらに2001年から2004年までカナダソフトボール代表チームのヘッドコーチを務めた Mike Renney氏が講義を行なった。

「WBSCの代表として世界を周り競技振興のお手伝いをできることをいつも光栄に思います。」「参加者の皆さんは素晴らしい働きぶりでした。この9日間の講習会はあっという間に過ぎ、コーチの皆さんは草野球を通して走り回り、野球ソフトボールの基礎を学びました。また誰でも楽しめるベースボール5やミニベースボールなども学びました。どの講習会でもそうですが、終わって別れを告げる時、その講習会が成功したかどうかわかるものです。今回も素晴らしい講習会に終わりました。」と語った。