01/09/2022 - 27/11/2022

 

Hosted by:   USA MEX JPN KOR

初のWBSCバーチャルカップの最終順位が発表

初のWBSCバーチャルカップの最終順位が発表
04/12/2022
初開催の WBSC バーチャル カップのファイナル ステージは、韓国ソウルのブンダンヤタップにあるStrikezon設置会場にてスリリングな13ゲームが成功裏に実施された。この大会は8,146 のエントリー数を記録した。

 11月27日、韓国のキムファニが初のWBSC バーチャル カップ優勝と賞金 $10,000 を獲得し、世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) はこのイベントの最終順位を発表した。この eSport 大会は成功裏に終わり、この競技の今後の明るい未来が期待される。

Newdin Contents のシステムは、ファイナリストの打点に基づいて最終順位を計算した。順位はこちらから閲覧可能。 1チームが棄権、11チーム合わせて22名の参加で歴史的なタイトルを争った。韓国チームの kimhwanhee 님의 팀 は、準決勝で米国の Bash Brothers をサヨナラ勝ちで破り、決勝でメキシコの Tacos al Pastor を破り、トロフィー、賞金 $10,000、LEVERADE NFT トロフィー、ゴールド ボール パークの高品質のヘルメットとバット、そして最高賞金を手に入れた。

チャンピオンのキム・ファンヒとキム・チュンヨンは、「すべてのゲームで最善を尽くした結果、素晴らしい最終結果を得ることができました。最高の気分です」と語り、賞金の使い道については「必要な野球用品を買って、両親にもプレゼントし、それから一緒に旅行にも行きたいです」と語った。

特別版の野球グローブを受け取った MVP Chungyong Kim は「また参加したいです」と加えた。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は、この大会に参加したすべての参加者に祝辞を述べた。

Newdin Contents社 の CEO ホン・ジンピョは「WBSCと共にStrikezonで開催されるワールドスクリーンベースボールトーナメント、バーチャルカップを無事に完走することができ、そして海外選手も含めた全員が無傷で無事に大会を終えることができたことを心より嬉しく思います」とコメントした。

2020年12月、WBSCは、野球とソフトボールのすべての仮想/デジタル版の eSport を公式種目に含めることを承認した。その後、2021年の初めに、WBSC は 3 つの柱 (モバイル、プロ、バーチャル) で構成される eSport への戦略的アプローチを発表した。

Newdin Contents社は、エンタテインメント ビジネス向けのレジャー製品として、野球に関するデジタル、仮想、および拡張現実(オーグメンティッド・リアリティ)のスポーツ シミュレーション体験を作る技術を開発している。