28/07/2023 - 06/08/2023

#BaseballWorldCupU12  

Hosted by:   TPE

VII U-12 Baseball World Cup 2023 - Official Payoff

第7回WBSC U-12野球ルワールドカップ 7日目 チャイニーズ・タイペイは無敗を維持 アメリカと日本が勝利

第7回WBSC U-12野球ルワールドカップ 7日目 チャイニーズ・タイペイは無敗を維持  アメリカと日本が勝利
03/08/2023
Lei YehとYe-En Chiuがドミニカ共和国を完封し、チャイニーズ・タイペイの投手陣の強さを証明した。タイラー・アーリー、ブライアント・ジュー、マイケル・オーマンはベネズエラ戦でホームランを放った。舩山大翔はショートで先発し、2本のホームランを放ち、日本の韓国戦の勝利に貢献した。メキシコは順位決定ラウンドでリードに立つ。

8月3日(木)、台湾の台南にあるアジア太平洋国際野球場で第7回WBSC U-12野球ワールドカップのスーパーラウンドがスタートした。

チャイニーズ・タイペイの投手陣とアメリカのスラッガーが大会の流れを作り出してきたが、スーパーラウンド初日もその流れに乗った。チャイニーズ・タイペイはドミニカ共和国をシャットアウトし、完全記録をキープ。アメリカは3本塁打でベネズエラを圧倒。日本は船山大斗が2本塁打とセーブを記録し、韓国戦の勝利に貢献した。

メキシコは無敗でプレースメント・ラウンドをリードしている。

スーパーラウンド 1日目

日本-韓国7-4ボックススコア試合レポート
アメリカ-ベネズエラ11-4ボックススコア試合レポート
チャイニーズタイペイ - ドミニカ共和国4-1ボックススコア試合レポート

Super Round Standings Super Round Day 8 schedule

ライブ視聴する

Tournament Pass U-12 BWC

チャイニーズタイペイ-ドミニカ共和国4-1

Ya-En Chiuが4.1回無失点の好投で勝利に貢献し、満塁のピンチでLei Yehが登板するが、ダブルプレーでピンチを切り抜けた。チャイニーズ・タイペイは無敗のままスーパーラウンドの首位に立った。

チャイニーズ・タイペイは2回表、ドミニカ先発のジョシュア・トマスから左翼手のQi-En Zhengが二塁打を放ち先制。

5回表、Zhengは、一死から内野安打を放った。トマスは四球で満塁とし、ジャイロ・メヒアに交代。パスボール、送球エラー、そして1番のYi-Hau Huanのタイムリーで、チャイニーズ・タイペイは4-0とリードを広げた。

5回裏、チャイニーズ・タイペイの先発Ye-En Chiuは、1アウト満塁のピンチを招いた。救援に立ったLei Yehがカウント3-1からジャスティン・ガルシアをダブルプレーで刺して切り抜けた。

6回、Leiが三者凡退に抑え、チャイニーズ・タイペイの無敗を守った。

アメリカ-ベネズエラ 11-4

タイラー・アーリー、ブライアント・ジュー、マイケル・オーマンがホームランを放ち、アメリカがスーパーラウンド・デビュー戦でベネズエラを下した。

2回裏、アメリカは、ウィリー・ロドリゲスから三塁手ゼイロン・ジョンソンがタイムリー二塁打で先制。

3回表、ベネズエラが2アウトから逆転。二塁走者のアレクサンドロ・ラデラが先発投手のギャビン・ゴメスにタイムリー二塁打を浴びせ、ロドリゲスも2点目を放った。

3回裏、一塁手のレイランド・ヘンリーが3ランホームランを放ち、前大会優勝のアメリカはリードを奪った。

ベネズエラはランナー1塁の場面でエセキエル・ザモラを救援に送るが、これを捕手ブライアント・ジューが3球目に本塁打を放ち、6-2とリードを広げた。

アメリカは守備エラーを絡めて9-2と点差を広げた。

4回表、ゴメスとリリーフのマイケル・オーマンが制球に苦しむが、アメリカはダブルプレーとアーリーによるランニングキャッチでベネズエラを1失点に抑えた。

4回裏、オーマンが、ベネズエラ3人目の投手、エンダー・アコスタから2ラン・ホームランを放ち自分自身を援護した。

日本-韓国 7-4

舩山大翔は打者としては2本のホームランを放ち、5回裏1死満塁の場面ではマウンドにも上がった。

日本は1回裏、駒勇佑が韓国先発のMinyeong Moonから2ランを放ち、リードを奪った。

日本は2回裏、ショートの舩山大翔がリリーフのDongkyu Leeからホームランを放ち、4-0とリードを広げる。

3回裏、橘漣次が走者2塁の場面でレフトへヒットを放ち、5-0。

4回表、先頭のJinwoong Leが和田健吾から本塁打を放ち、韓国が初得点。

Taewoong Yoonの深い当たりで韓国は2点目を獲得。日本は土屋春樹が救援に立つ。

走者2、3塁、韓国はゴロアウトで3点目を奪い、一塁手Junhyeong Parkの右翼へのフライを籔内雅也のダイビングがわずかに届かず、韓国は5-4で1点差に迫った。

4回裏、Jinwoong Leが日本の得点圏への進入を阻止。

日本は舩山大翔のこの日2本目の本塁打。日本は6-4でリード。

5回表、舩山が一死満塁の場面でマウンドに上がり、後続を凡退させてピンチを切り抜けた。日本はその裏、エラーで1点を追加。

二塁走者のSangmyeong Yangが鮮やかなダイビング・キャッチでこのピンチを切り抜けた。

日本は舩山大翔が最後の5つのアウトを取り、日本が7対4で勝利した。

20230803_G32_KOR-JPN_U12BWC_217

プレースメントラウンド-1日目結果 

メキシコ-パナマ3-2ボックススコア試合レポート
オーストラリア-ニュージーランド17-2 (4イニング)ボックススコア試合レポート
ドイツ-チェコ6-3ボックススコア試合レポート
Placement Round standings
  • スーパーラウンド日程
  • オープニングラウンド終了  個人成績に注目
  • 6日目:ドミニカ共和国、日本、アメリカ、韓国がチャイニーズ・タイペイ、ベネズエラとともにスーパーラウンドに進出
  • 5日目:チャイニーズ・タイペイが唯一の無敗を維持
  • 4日目:ベネズエラが日本を制す、ドミニカ共和国はアメリカに勝利
  • WBSCはベネズエラ野球界のプリンセス、フランシス・サンドバルにインタビュー
  • 3日目:チャイニーズ・タイペイ、ベネズエラ、アメリカ、韓国は無敗をキープ。
  • 2日目:チャイニーズ・タイペイは日本を退け、ベネズエラのウィリー・エルナンデスはノーヒットノーランを達成。
  • 初日は悪天候のため全試合延期