オランダで競技発展 高校教師を対象にベースボール5セミナー開催

オランダで競技発展 高校教師を対象にベースボール5セミナー開催
21/05/2021
オランダは国内での野球ソフトボール発展のためいくつかのユース・アーバン向け企画を実施し、ヨーロッパ内発展においてリーダー的位置を確立しつつある。

ヨーロッパ首位ランクの野球・ソフトボール国であるオランダは、5人制アーバン競技のベースボール5を利用して国内の競技発展を推進している。

オランダ東部のエメンにあるベッドロックス野球ソフトボールチームは最近高校教師を対象にしたベースボール5セミナーを実施した。

この企画では、オランダ野球ソフトボール連盟 (KNBSB)の2020スラッガーアワードを受賞したエリック・エレリング氏が競技発展に大きく貢献した。

「教師対象のこのセミナーは短期間で数多くの若者たちにリーチする最も良い方法です。」とエレリング氏はコメントした。

このセミナーはHondsrug高校で開催。教師たちはセミナー後に贈られるプレーキット(公式球2個、ホームプレート、公式ルールブック、フィールドのライン引き用素材)の使い方を学んだ。そして後日教師たちは教室で子供達にベースボール5を紹介した。

このセミナーは、国内オリンピック委員会、オランダ政府、全国スポーツ地方自治体協会(Vereniging Sport en Gemeente)が実施するプロジェクト「国内スポーツ協定 (Nationaal Sportakkoord)」の支援で実現した。

ベッドロックスは2020年2月にオランダ初の新設ベースボール5トーナメントで優勝した

関連記事
- オランダ連盟 ベースボール5はオランダ野球ソフトボールにとって「大きなチャンス」
- オランダ初の設置が簡単なポータブルフィールドで元オリンピック選手Danny Rombleyがベースボール5を推進