イタリアの視覚障がい者野球リーグ第26シーズンが6月6日に開幕

イタリアの視覚障がい者野球リーグ第26シーズンが6月6日に開幕
04/06/2021
このリーグはパンデミックを乗り越え20202年の6チームから11チームに拡大して開幕する。

イタリア視覚障がい者野球リーグ (LIBCI)が6月6日(土)に2021年シーズンを開幕する。

このリーグは2020シーズンは6チーム縮小してシーズンも短縮して行われた。今シーズンのリーグでは11チームが2グループに分かれる。

グループA  Fiorentina、 Leonessa Brescia、 Patrini Malnate、 Staranzano、Milan Thunder's Five、 Thurpos Cagliari。

グループB  Blind Fighters Florence、 Fortitudo Bologna White Sox、 Lampi Milano、Tigers Cagliari、 Umbria Redskins。

リーグは総当たり1回。各試合は9イニング以上。

グループAの上位3チームとグループBの上位2チームが準々決勝に進む。さらに9月5日の試合でさらにプレーオフ3チームが決まる。

準々決勝は9月12日、準決勝は9月25日予定。決勝戦は10月2日にボローニャのレオーニスタジアムで行われる。

イタリア視覚障がい者野球協会(AIBxC)はWBSCの準会員。

関連記事
- Brescia wins Italian League Baseball for the Blind 2020
- アルベルト・マッツァンティ氏がイタリア視覚障害者野球リーグのコミッショナーに就任
- イタリア視覚障がい者のための野球リーグ フィレンツェのクラブ参入で拡大
- WBSCアカデミー コーチ向け視覚障がい者野球のテクニカルコースを開講