Kostis Liarommatis氏がギリシャソフトボール連盟会長 3期目 再選

Kostis Liarommatis氏がギリシャソフトボール連盟会長 3期目 再選
01/04/2021
再選を果たした同会長はギリシャ代表チームのヨーロッパソフトボール選手権大会への出場を狙う。

Kostis Liarommatis氏がギリシャソフトボール連盟の会長に再任した。Kostis Liarommatis氏がソフトボール連盟の会長を務めるのはこれで3度目の任期となる。今回のギリシャソフトボール連盟の選挙にはこれまで過去最多の加盟会員が投票した。

Kostis Liarommatis氏は国内連盟は今後の活動として 、選手やコーチの育成、 また新たなソフトボール球場2箇所の建設、各年齢カテゴリーのソフトボールリーグの運営など、この3項目を柱に据えた。

国内の若い才能の発掘に関して同会長は、ギリシャナショナルチームのヨーロッパソフトボール選手権大会出場を目指すと語った。

関連記事
- ディディエル・セミネがフランス野球ソフトボール連盟の会長に再選
- スペイン国内ソフトボールリーグの試合を生配信 リーグの再ブランド化と認知度アップに
- ヨーロッパ チェコ国内野球リーグが4月9日開幕
- オーストリア野球ソフトボール連盟に改名 会長、理事役員選出
- 日本球界初のリトアニア人選手 ドビーダス・ネバラスカス登場

WBSC女子ソフトボール世界ランキングでギリシャは現在22位。ギリシャは2019年のヨーロッパソフトボール選手権大会では7位に終わった。今年の6月27日から7月3日までイタリアのフリウリベネチアジュリア州で行われる今年のヨーロッパ選手権大会にも出場する予定である。

ギリシャはこれまでWBSC世界女子ソフトボール選手権大会に2006年と2016年の2度出場し、それぞれ9位と19位に入った。ギリシャは2004年アテネオリンピックソフトボール大会では7位。


Global Game