ニカラグア野球大会、準決勝まで5,000人のファンが試合を観戦

ニカラグア野球大会、準決勝まで5,000人のファンが試合を観戦
20/07/2020
試合はすべて、マナグアの Dennis Martinez' スタジアムで行われている。試合ごとに最大5,000人のファンが観戦を許される。

ファーストディビジョン野球選手権大会は、ニカラグアで準決勝まで進み、Dantos-Esteli対Boer-Chinandega戦が行われている。

ニカラグアの最高野球委員会(Comision Nicaraguense deBéisbolSuperior)は、準決勝と決勝の両方がベスト・オブ・セブン・シリーズで競われることを決定した。チャンピオンシップシリーズは8月2日から14日に予定されている。

準決勝のすべての試合は、マナグアのデニスマルティネス国立競技場で行われ、15,000席の球場では最大5,000人のファンが観戦を許可される。対戦する2つのチームには、それぞれ2,000人のファンを参加させる権利があり、1,000人のファンは首都から来る。

組織委員会は声明で、「COVID-19対策の一環として、人々の混雑を防ぐための予防および保護対策が保証される」と述べた。

対策には、打席時にマスクを着用することが含まれる。

関連記事:ニカラグアファーストでビジョン一時中止の後、試合を再開