ナイジェリア野球ソフトボール協会のウイリアム・ボイド氏 71歳で死去

ナイジェリア野球ソフトボール協会のウイリアム・ボイド氏 71歳で死去
17/06/2021
ボイド氏は1989年のナイジェリアの野球ソフトボール国内統括団体創設メンバーの一人だった。

野球ソフトボール界は一人の指導者を失った。

ナイジェリア野球ソフトボール協会(NBSA)ウイリアム・ボイド会長は国内統括団体の創設メンバーの一人だった。同氏は6月16日に亡くなった。71歳だった。

ナイジェリアの選手やオフィシャルはボイド氏への追悼のため7日間国内で一切の野球ソフトボール活動を停止した。

ボイド氏は1989年NBSAの創設メンバーの一人で16年間事務局長を務めた。2020年10月にNBSAの会長に選出された。

「彼は競技団体の再建に偉大な貢献をしました。」とNBSAは伝えた。「彼はチームプレーヤーであり、また強く輝く組織の理想を心から信じていました。」

彼はまたナイジェリアオリンピック委員会の事務局長アシスタント (1993-1997) 、事務局長 (1997-2001) を務めた。

ナイジェリアのスポーツ指導者の役割を担うだけでなく、ボイド氏はスポーツ医学専門の医師でもあった。

Global Game