ロシア野球連盟 Dmitry Kiselev氏が会長に再任

ロシア野球連盟 Dmitry Kiselev氏が会長に再任
26/04/2021
理事会ではロシア国内のベースボール5振興など野球発展プログラム2021~2024も承認された。

ロシア野球連盟が4月20日にオンラインで総会を開き、Dmitry Kiseleの会長再選を決定した。

Kiselev氏は2017年に会長に就任。次の任期は4年。

そのほかの理事メンバーは、事務局長Daria Shliapnikova氏、副会長Nikolay Gervasov氏、Vladim Vetrov氏、Vladimir Saranchuk氏、Bogdan Strelchenko氏、役員Georgy Abramov氏、 Alexander Bashkerev氏、Pavel Gladikov氏、Alexey Erofeev氏、Alexei Koshevoy氏、 Mikhail Larkin氏、 Pavel Mazanov氏、Nikita Monakhov氏、 Alexey Khalash氏、Ivan Cherepanov氏、 Alexander Chumakov氏、 Anton Shirokiy氏、Dmitry Shlyapnikov氏 、Nikolay Shelkov氏。

関連記事
- Federation Focus Russia
- ロシア政府がベースボール5を公認
- ロシア、モスクワに新しい野球場が開設
- Russia upsets Czech Republic, wins Prague Baseball Week 2020

理事会ではベースボール5振興など2021−2024ロシア野球発展プログラムも承認された。

ロシアは今年モスクワでヨーロッパ野球選手権大会予選を開催する予定。

ロシアは現在WBSC野球世界ランキング第28位。

Global Game