WBSCヨーロッパ連盟の新統合にスポーツ関係者が賞賛のメッセージ

WBSCヨーロッパ連盟の新統合にスポーツ関係者が賞賛のメッセージ
21/11/2021
WBSCヨーロッパ連盟臨時総会はイタリア、ローマのイタリアオリンピック委員会(CONI)本部にあるサローネ・ドノーレで行われた。

金曜日にWBSCヨーロッパ連盟の新規約が承認されたことを受け、イタリアオリンピック委員会会長やアメリカソフトボール協会の会長がそれを賞賛した。

イタリア国内オリンピック委員会(CONI)のジョバンニ・マラゴ会長はCONI本部で行われたWBSCヨーロッパ総会で演説し、WBSCヨーロッパ連盟会員の代表者たちが下した重要な決定を賞賛した。

「素晴らしき両競技のために最良の決定が下し、そして何よりもみなさんが団結して多くのことを明確にした、今日は野球ソフトボール競技にとっての最良の日です」とマラゴ会長は演説で祝った。「LA28調整委員の一人として、みなさんの団結がいかに大切であるか今一度ここでお伝えします。もちろん野球とソフトボールはアメリカ合衆国では豊かな歴史がありますし、オリンピック競技でも野球とソフトボールは深い歴史があります。しかし、スポーツ界は変化しています。多くの新しい競技が生まれ、野球ソフトボールは伝統的なスポーツとなった今、野球ソフトボールのためにヨーロッパと世界各国が団結し続けることは大変重要だと言えるでしょう」

「ヨーロッパ大陸だけでなく世界を鼓舞し続けるフラッカーリ会長をはじめみなさま全てを賞賛いたします」

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長も臨時総会で挨拶した。「WBSCヨーロッパは今や野球ソフトボールグローバル化にとって重要な役割を担っており、WBSCの主要ステークホルダーです。WBSCヨーロッパ連盟はこれで運営がさらに最適化され、ロサンゼルス28だけでなくその後も継続できにオリンピック競技として続けていくために野球ソフトボールに貢献してくれるでしょう」

アメリカソフトボール協会のCEOでありWBSCソフトボール部門副会長のクレイグ・クレス氏もこの臨時総会に特別ゲストとして出席した。同氏も国際野球ソフトボールを盛り上げる大きな決定を下したヨーロッパ連盟に賞賛の言葉を送った。

「ベースボール5やeスポーツ、eゲームなどは世界を席巻しています。こうしたインターアクティブな新たな取り組みは実際に起こっていて、これを最大限に利用し、心を開いて受け入れなければなりません。皆さんがここローマで下した決断はそれを証明しています」

「私たちは変化を受け入れ前進して行かなければなりません。これに対応していくことは私たちの競技発展には大切なことです。私は何年もこのヨーロッパ総会に出席し見てきましたがが、皆さんは本当に心を開いて互いに話し合い、理解しあっています。これは本当に重要なことです。互いの意見にきちんと向き合っているからこそ最良の決断ができるのです。みなさんの一致団結は世界中の野球ソフトボールリーダーたちにとっても良いお手本であると思います」と讃えた。

WBSCヨーロッパ連盟の関連記事
- WBSCヨーロッパ連盟の新規約をローマにて承認 ヨーロッパの野球ソフトボールの未来の新たな礎
- WBSCヨーロッパ連盟の新統合にスポーツ関係者が賞賛のメッセージ
- WBSCヨーロッパ大陸連盟総会 WBSCがヨーロッパのベースボール5、eスポーツ、インテグリティ政策などを総括