13/09/2023 - 17/09/2023

#BaseballWorldCupW  

Hosted by:   JPN

IX Women's Baseball World Cup 2023 - Group B | presented by CARNEXT - Official Payoff

チャイニーズ・タイペイのキャプテン、Yu-Ying Hsiehが世界に向けてメッセージ「野球が好きなら、どうかやってみてください」

チャイニーズ・タイペイのキャプテン、Yu-Ying Hsiehが世界に向けてメッセージ「野球が好きなら、どうかやってみてください」
21/09/2023
このベテラン選手は、日本の三次市で開催された女子野球ワールドカップグループBで主役を演じた。WBSCは彼女と話す機会を得た。

Yu-Ying Hsiehは、2010年にチャイニーズ・タイペイ代表として初めて第4回女子野球ワールドカップに出場したときチームの最年少選手だった。5回のワールドカップと2回のアジア選手権を経て、Hsiehはチームの最年長メンバーの1人となった。変わっていないのは、彼女の卓越した守備スキル、闘争心、そしてスポーツへの献身だ。

「初めて女子野球ワールドカップに出場したとき、私はまだ18歳でした。とても緊張していたので、監督に指示されたことを実行できなかったことを今でも覚えています」とあの試合の状況を鮮明に思い出しながらHsiehは語った。「対戦相手はベネズエラでした。相手はスクイズバントで得点を狙っていて、私はリリーフとして試合に出場していました。監督からは’バントされたボ ールを何としてもホームに投げろ’という一つの指示が与えられていました」

実際にバントの球がきた時、「私の頭は真っ白になっていました」

13 年前のあの負け試合もフィールド上で学んだことの一つだったが、フィールド外でも他の多くの経験をした。その後20 年近く野球選手としてプレーした後、Hsiehは、2018年に日本での女子プロ野球選手の道を選択し、台湾初の 3 人 (Chi Tseng と Chia-Wen Shen) の女子プロ野球選手のうちの 1 人となり、台湾の女子野球の先駆者的存在となった。

Hsiehは、日本の女子野球リーグの創設フランチャイズの1つである京都フローラで24番のユニフォームを着た。「日本で長年プレーする中で、野球文化がどのように尊重され、大切にされているかについて多くを学びました。Hsiehは2019年に台湾に戻ったが、新型コロナウイルスの渦中の2020年に再び兵庫ブルーサンダーズに加入した。

「野球が大好きなので、日本でプレーするのが今も昔も私の夢です」とHsiehは2020年に語った。Hsiehに加えて、現在のチャイニーズ・タイペイのチームメイト、Yu-Hsuan Chen, Yu-Pei Chen, Chiao-Yun Huang がHsiehの所属するブルーサンダーズに加わった。

「日本のプロチームで、私は日々、手を抜くことなく、より良い選手になる方法を学びました」

しかし、代表チームとなると話は別だ。Hsiehは彼女のキャリアで初めて代表チームのキャプテンに指名され、カーネクスト presents 第9回女子野球ワールドカップ・グループBに出場した。「これは光栄なことですが、もちろん、私は皆に模範を示す必要があるので、大きな責任でもあります」

「キャプテンとしては、チーム全員に気を配らなければなりません。私たちはもう学生選手ではないので、先輩後輩という概念は当てはまりません。私より年上の選手も何人かいますが、誰もが自分たちが何をすべきかについて非常に明確に理解しています」

Hsiehは他の若い選手に模範を示し、チーム全員の基準を高く設定した。5試合で彼女は打率.412、5打点、三塁打4本、総塁打16本で全選手トップとなった。彼女はまた、最も多くの捕殺 (16) を記録しており、24回の守備チャンスで一度もミスを犯すことはなかった。

人々を驚かせるのは、大会中にフィールド上で次々と起こる彼女の信じられないほどのナイスプレーだ。「こんなにたくさんのナイスプレーが出来るとは予想していませんでした。私がやりたかったのはベストを尽くすことだけで、ベストを尽くせばゲームの成長に貢献できると分かっていました」

チャイニーズ・タイペイが4勝1敗で大会を終え、2024年のファイナルステージ進出が決まった時、Hsiehは「私たちの戦いの成果が台湾のすべての女の子の野球に挑戦するきっかけになってもらえれば幸いです。すべての女性たちへの私のメッセージは、『男性は野球をし、女性はソフトボールをするというメッセージ』を忘れほしいということです。今回のワールドカップで、女子野球がいかに素晴らしいものであるかを示すことが出来たと思います。」

最後に「あなたがもし野球を愛するなら、是非チャレンジしてください!」とメッセージを送った。