アフリカ シーズン開始に、ケニアの大学で女子ソフトボール大会開催

アフリカ シーズン開始に、ケニアの大学で女子ソフトボール大会開催
02/03/2021
ケニアの全国ソフトボールリーグは、ソフトボールがKUSA 女子競技大会2021に含まれたため、2月27日に開幕した。ケニアは今年2つのWBSCソフトボールワールドカップ大陸予選に参加する予定。

国内でのCOVID-19の発生による長い休止の後、ソフトボールがケニアで再開された。ケニアナショナルソフトボールリーグの開幕日は、2月27日、ナイロビのケニアッタ大学で、女子と男子の両方のカテゴリーで行われた。さらに、ケニアのソフトボール連盟は、今週末モンバサで開催されるケニア大学スポーツ協会(KUSA)の女子で女子ソフトボールが行われることが発表された。

ケニア国立ソフトボールリーグは先週末にシーズンを開幕し、ナイロビのケニアッタ大学で10チームが今年の最初のシリーズを戦った。ホストチームは男子大会を開幕、ケニア国立ユースサービスソフトボールチームは女子大会で優勝した。

ナショナルリーグは、チームがポイントを貯める個々のシリーズを通じて行われます。上半期には、メル大学シリーズ(4月27〜28日)、デダンキマティ大学シリーズ(5月22〜23日)、マルチメディア大学シリーズ(6月19〜20日)、テクニカルシリーズモンバサ大学シリーズ(7月17-18日)の4つのシリーズが計画されている。

関連記事

- WBSCがケニアでアフリカ発展振興プロジェクトを開催 

- WBSC発展振興プログラムがケニアの試合発展を支援

- アフリカ WBSCU-23 男子ソフトボールワールドカップ予選の日程、開催地を発表

- アフリカ ボツワナでWBSC U-23男子ソフトボールワールドカップ予選 出場選手の選考開始

- アフリカユース入門大会がザンビアで開催、野球、ソフトボール、ベースボール5振興

また、3月5日から8日までモンバサ工科大学で開催される今年のKUSA女子大会では女子ソフトボールが行われる。KUSAは、ケニアで大学スポーツを組織する国の機関だ。

ケニアソフトボール連盟 の Francis Njeru Karugu(フランシス・ニェル・カルグ)会長は、次のように述べた。「今年のKUSA 女子大会にソフトボールが取り上げられたということは、コロナの大感染のために長い休憩を要されていたソフトボールが再開されることを示しています。」「またこのことはソフトボールがメインスポーツとしてケニア大学のゲームカレンダーに大変良く受け入れられていることを裏付けしています。」

ケニアの大学でのソフトボールの導入は、2018年にスターターキットを寄付することでWBSCが支援した。 

WBSC女子ソフトボール世界ランキングで54位、アフリカ大陸で4位にランクされているケニアは、まだ男子カテゴリーではランク付けされていない。このことは、国家統括機関は、2022年のWBSC男子ソフトボールワールドカップとU-23男子ソフトボールワールドカップ2つのアフリカ大陸予選に代表チームに送ることを計画しているため、2021年に変わる可能性がある。


Global Game