カナダ野球連盟のJim Baba氏が今シーズン終わりに引退

カナダ野球連盟のJim Baba氏が今シーズン終わりに引退
12/04/2021
カナダ野球連盟のJim Baba最高責任者は現在WBSC野球大会委員会の委員長を務めている。

カナダ野球連盟はJim Baba最高責任者が今年のシーズン終わりに引退する旨を発表した。

Jim Baba氏はSaskatchewanをコーチしカナダ競技大会1989で銀メダルを獲得した。その功績が買われ、1991パンアメリカンゲームズではカナダ代表チームコーチングスタッフ、1993年にヘッドコーチに任命された。2000年にカナダ野球連盟の最高責任者に就任し、21年間奉仕した。

「今振り返ってみると、ああ、なんて特別な時間だっただろう、と感慨深く思います。」とBaba氏は発表でコメントした。

そして、「これまではなにがしかの形で常に競技と関わってきましたが、カナダ野球連盟トップ交代の時期が来たと感じました。長い間尽くしてまいりましたが、新しい人事で新しい視点を取り入れる時が来たのだと思います。」と加えた。

Baba氏は現在WBSC野球大会委員会の委員長を務めている。

関連記事
- MLB開幕ロースターにカナダ人選手10名
- 元ビッグリーガー、カナダ野球代表オリンピック選手レアール・コーミェ氏 死去 53歳
- KBOのスラッガー、ジェイミー・ロマックがカナダ野球殿堂の「ティップ・オニール賞」受賞
- カナダ人の10人中9人が野球ファン 調査結果が示す
- カナダ人ラリー・ウォーカーがクーパーズタウン殿堂入り