快挙 ラオス初の野球場が完成 支えた選手の協力

快挙 ラオス初の野球場が完成 支えた選手の協力
24/03/2021
この建設計画には、DGBファイナンシャルグループによる30万ドルを始めとする寄付が集まった。選手たちは建設作業を支えようと重労働を買って出た。

世界中に広がり続けるスポーツ、野球。また新たなスタジアムがこけら落としされた。

カンボジア、中国、ミャンマー、タイ、ベトナムと国境を接するラオス。 首都ビエンチャンにあるのが、DGBの支援を受け同国初の野球場となったラオ・ベースボール・スタジアム。

2019年4月に同国オリンピック委員会より建設許可がおり、モンスーン期を過ぎた6月より工事が始まった。

この建設計画は、DBGファイナンシャルグループの厚意による30万ドルの寄付金を元手に始まった。その他の団体や企業からの寄付金を使って、スコアボードを設置することもできた。

関連記事:
- ラオスで初の野球スタジアムが落成 新国内リーグ発足
- 韓国の李 萬洙(イ・マンス)がラオスで男子・女子国内大会を行い 国内の競技振興に貢献
- エクアドルのキトに新球場建設
- クロアチアが初の青少年のための野球場を開設
- 世界でももっとも標高の高いブータンで野球が発展

選手の有志たちは、午前8時から午後6時まで、2か月も続いた重労働の建築作業に加わった。

野球場の利便性を高める次のステップは人工照明を入れ、観客席を造ることだ。

「これでサッカー場を借りる必要がなくなったことがうれしい。選手がまっとうな野球場でトレーニングしている姿を誇らしく思う。」とラオス野球連盟の広報担当者は話す。

ラオスでは現在、ラオ・ジェイ・ブラザーズ、ミラクル(ラオ国立大学)、ビエンチャン高校の3チームが活動中。いずれも男子と女子のチームを持ち、登録選手数は150名にのぼる。