28/07/2023 - 06/08/2023

#BaseballWorldCupU12  

Hosted by:   TPE

VII U-12 Baseball World Cup 2023 - Official Payoff

第7回U-12野球ワールドカップ個人成績

第7回U-12野球ワールドカップ個人成績
07/08/2023
統計からメダルラウンドを振り返る。個人成績では キーメル・パウラ(ドミニカ共和国)が首位打者に輝き、駒勇佑(日本)は最多本塁打と最多打点をマーク。メキシコのホセ・カマルゴは、15奪三振、自責点0。パリス・ヘッド(アメリカ)が最多の5盗塁を決めた。

WBSC U-12野球ワールドカップで5度目の優勝を果たしたアメリカ打線は18本の本塁打と18本の二塁打を含む99本のヒットを放ち、打率.440、総塁打171を記録した。

最終順位2位のチャイニーズ・タイペイは本塁打3本、二塁打22本を含む65安打、打率.327。総塁打数は96と、1位のアメリカとは大きく引き離された。

最終順位3位のベネズエラは、チャイニーズ・タイペイと同等の強さで、本塁打7本、二塁打17本を含む88安打、打率.376。

打線が2番目に強かった日本は、本塁打17本、二塁打15本を含む87安打。打率は.399で、153の出塁を記録。

20230809_G49_VEN-JPN_U12BWC_107

アメリカの投手陣は、49イニングを投げて38四球、60奪三振、防御率3.67とあまり冴えなかった。

U-12世界優勝のアメリカはエラー11、併殺9を記録。

スーパーラウンド最終戦と決勝でチャイニーズ・タイペイの投手陣の数字が落ち込み、防御率は2.54、52イニングで22四球、52奪三振。

チャイニーズ・タイペイの守備エラー12、併殺11をマーク。

ベネズエラの投手陣は、51イニング投球、25四球、57奪三振、防御率3.41。メダルラウンドで最高の守備を見せたベネズエラは、わずか守備エラー3、併殺11。

日本の防御率は2番目の2.84、四球は最少の18、50奪三振。守備エラー8、併殺8のみ。

20230806_G50_USA-TPE_U12BWC_028

首位打者はケイメル・パウラ(ドミニカ共和国)。打率.583、打点1.083を記録。

駒勇佑(日本)は6本塁打、18打点で他の打撃部門首位。

メキシコのホセ・カマルゴは自責点0、2勝、15奪三振と素晴らしい成績。

メキシコのホセ・ブルシアガは12得点、アメリカのパリス・ヘッドは最多の5盗塁。

Bracket