28/07/2023 - 06/08/2023

#BaseballWorldCupU12  

Hosted by:   TPE

VII U-12 Baseball World Cup 2023 - Official Payoff

第7回WBSC U-12野球ワールドカップ 9日目 前回優勝国のアメリカがチャイニーズタイペイを下し、決勝で再戦

第7回WBSC U-12野球ワールドカップ 9日目 前回優勝国のアメリカがチャイニーズタイペイを下し、決勝で再戦
05/08/2023
タイラー・アーリーの4回表の満塁ホームランで同点に並んだ。前回優勝国のアメリカは14-6で開催国のチャイニーズタイペイを下し、決勝で再び対戦する。ベネズエラと日本は3位決定戦を行う。

8月6日(日)に台湾の台南にあるアジア太平洋国際野球場で、前大会優勝のアメリカが開催国のチャイニーズ・タイペイと第7回WBSC U-12野球ワールドカップ優勝をかけて対決する。

アメリカ、日本、ベネズエラ(3勝2敗)は、スーパーラウンドをチャイニーズ・タイペイ(4勝1敗)に次ぐ同点で終えた。チーム・クオリティ・バランス(TQB)によりアメリカが決勝に進出した。

ベネズエラと日本は3位決定戦を行う。

アメリカとチャイニーズ・タイペイは、2013年、2015年、2017年と、U-12野球ワールドカップの決勝で3度対戦しているが、いずれもアメリカが勝利している。

アメリカ(2013年、2015年、2017年、2021年)とチャイニーズ・タイペイ(2011年、2019年)は唯一のU-12世界王者である。

5位から12位までの順位が決定した。

5. 韓国
6. ドミニカ共和国
7. メキシコ
8. パナマ
9. ドイツ
10. チェコ
11. オーストラリア
12. ニュージーランド

スーパーラウンド 3日目結果

日本-ドミニカ共和国13-1 (5 イニング)ボックススコア試合レポート
ベネズエラ- 韓国5-4 (7 イニング)ボックススコア試合レポート
アメリカ-チャイニーズタイペイ11-3ボックススコア試合レポート

SUPER ROUND BRACKET_ok

ライブで視聴する

Day 10 Pass

アメリカ-チャイニーズタイペイ 11-3

アメリカは劣勢からチャイニーズ・タイペイに逆転勝利し、決勝で再び対戦することが決まった。前回優勝のアメリカは、スラッギング右翼手タイラー・アーリーの試合を変える満塁ホームランを含む14安打を放った。

チャイニーズ・タイペイの中堅手Qi-Ja Zengが、ファインプレーでこの試合の最初のアウトを取り、その運動能力を披露した。

1回裏、チャイニーズ・タイペイは守備のエラーで先制し、Yu-Yen Lo捕手が先発のパリス・ヘッドに適時打を浴びせて1点を追加した。

アメリカは2-1にリード。2回、三塁手のゼイロン・ジョンソンが先発の Chang-Ruei Chengから二塁打を放ち、三塁から犠飛で得点した。

ニチョリス・パーカーが先発の Chang-Ruei Chengから二塁打を放ち、指名打者のレイランド・ヘンリーがリリーフのPin-Yu Linから一死一塁の安打を放って得点した。

4回表、前回優勝国のアメリカが勝ち越す。2アウト満塁から、スラッギング右翼手タイラー・アーリーがPin-Yu Linの3球目を弾き返した。

5回表、アメリカはチャイニーズ・タイペイの3番手投手、Ting-Wei Linに猛攻をかける。ニコリス・パーカーとタイラー・アーリーが連続タイムリーを放ち、9-2とリードを広げた。

チャイニーズ・タイペイは5回裏、Yi-Hau Huangのタイムリー二塁打で9-3に劣勢を縮めた。

6回表、アメリカはウイスとパーカーのタイムリー二塁打で2点を追加した。

ベネズエラ-韓国5-4

6回表ベネズエラは4点のリードを奪われたが7回裏にサヨナラ打を決め、スーパーラウンドを3勝2敗のタイで終えた。3位決定戦では日本と対戦する。

2回裏、捕手のホセ・カスティーヨが満塁のピンチを完璧な送球で3塁ランナーを刺した。

3回裏にベネズエラが先制する。左翼手のアンヘル・ロンドンが先発のNawon Kimにタイムリー二塁打を浴びせた。

4回裏、韓国は、2つの見事な守備プレーでゲームに踏みとどまる。三塁手のDongkyu Leeが三塁で最初のアウトを取った。

ショートのJeongwoo Moonはダブルプレーでこの回をしのいだ。

5回裏、ベネズエラはUijeong Kimを相手に二塁手のアレクサンドロ・ララと捕手のホセ・カスティーヨが連続安打を放ち、駄目押しの3点を追加した。

6回表、韓国も粘り強く4連続ヒットで2点を追加。ウィリー・ロドリゲスがファインプレーでアウトを取った。

2アウトから韓国はダブルスチールで同点に追いつく。ピンチヒッターのTaewoong Yoonが、リリーバーのエンダー・アコスタの初球を捉えて2ランを放ち、同点に追いついた。

7回表、韓国は犠牲バントで同点の走者を進めたがダブルプレーに倒れた。

7回裏、ベネズエラもバントでタイブレークのランナーを進める。Uijeong Leeが敬遠四球を選び満塁、ラデラがレフトラインを破る強烈なゴロを放ちサヨナラ勝利を決めた。

日本-ドミニカ共和国13-1

舩山大翔、駒勇祐、橘漣次が3ランホームランを放った。U-12侍ジャパンは3勝2敗で、アメリカ、ベネズエラに並んだ。銅メダルをかけてベネズエラと対戦する。

侍ジャパンは試合序盤から猛攻をかけた。左腕先発のアンヘル・ペラルタに対し、ノーアウト満塁。捕手の駒勇祐が先制打を放ち、三塁走者の三ツ井蓮が犠飛で2-0とした。ペラルタは再び満塁のピンチを招き、右腕ヘンドリー・バルガスに交代。バルガスがダブルプレーでピンチを回避した。

ショートの舩山大翔が今大会4本目のホームランを放ち、点差を広げた。

駒もチームメイトに続いてリリーフのイエラルド・バルガスから今大会6本目となる3ランを放ち、日本のリードを8-0に広げた。

4回表には、指名打者の橘漣次も日本3本目の3ランホームランを放ち、12-0とした。

4回裏にドミニカ共和国はリリーフの宮野瑛心に対して1点を奪った。

20230805_G44_JPN-DOM_U12BWC_088

プレースメントラウンド 3日目対戦表

チェコ-オーストラリア4-0ボックススコア試合レポート
メキシコ-ニュージーランド29-0 (4イニング)ボックススコア試合レポート
パナマ-ドイツ9-2ボックススコア試合レポート
PLACEMENT ROUND STANDINGS
  • 8日目: チャイニーズタイペイが決勝進出決定
  • 7日目: チャイニーズタイペイが無敗維持。日本とアメリカが勝利
  • スーパーラウンド日程
  • オープニングラウンド終了  個人成績に注目
  • 6日目:ドミニカ共和国、日本、アメリカ、韓国がチャイニーズ・タイペイ、ベネズエラとともにスーパーラウンドに進出
  • 5日目:チャイニーズ・タイペイが唯一の無敗を維持
  • 4日目:ベネズエラが日本を制す、ドミニカ共和国はアメリカに勝利
  • WBSCはベネズエラ野球界のプリンセス、フランシス・サンドバルにインタビュー
  • 3日目:チャイニーズ・タイペイ、ベネズエラ、アメリカ、韓国は無敗をキープ。
  • 2日目:チャイニーズ・タイペイは日本を退け、ベネズエラのウィリー・エルナンデスはノーヒットノーランを達成。
  • 初日は悪天候のため全試合延期

大会詳細はU-12野球ワールドカップ公式サイト