チュニジアベースボール5選手権大会は国内ユース240チーム参加を計画

チュニジアベースボール5選手権大会は国内ユース240チーム参加を計画
16/02/2021
国内連盟の Saber Jlajla会長とKamel El Arbi青少年スポーツ省長官がこのプランについて議論した。

チュニジアの2021ベースボール5国内選手権大会は国内のスポーツ発展を目的とするもので、240チームが出場し、そのうち10チームがチュニジアの各県を代表する。

Covid-19パンデミック禍での規制の下行われた2020ベースボール5国内選手権大会に続き、今年度の大会は5月に行われる予定。2019年の新設大会では7チームが出場した。

関連記事
- 連盟特集 連盟特集 ベースボール5がチュニジア連盟発展の起爆剤
- チュニジア  ベースボール5を学校授業に導入
- チュニジアでベースボール5が発展
- チュニジアの多くのユースセンターでペースボール5実施
- チュニジアでメディア向けベースボール5講座を開催

チュニジア野球ソフトボール連盟(FTBS, Fédération Tunisienne de Baseball et Softball)のSaber Jlajla会長と青少年スポーツ省のKamel El Arbi長官が最近会男子大会拡大について確認した。FTBSのSofienne Riahi技術部長もこの会議に出席した。

FTBSと青少年スポーツ省はまたチュニジア国内のユースセンターで行われるベースボール5のセミナー日程や、またユースセンター間の試合日程についても検討した。

野球ソフトボール界を盛り上げるベースボール5

ボール一つで屋内外どちらでもプレーできるベースボール5は、ヨーロッパ、中東、アフリカなどの地域で競技発展の一助となっている。最近の新興活動はベナンエジプトブルキナファソなどのアフリカ各国で展開されている。