15/07/2024 - 20/07/2024

#SoftballWorldCupW  

Hosted by: ITA
XVII Women's Softball World Cup 2024 - Finals - Official Payoff
WBSC女子ソフトボールワールドカップ グループB  プエルトリコとオランダが2024年決勝大会に進出
22/07/2023 1 記事を読む目安時間

WBSC女子ソフトボールワールドカップ グループB  プエルトリコとオランダが2024年決勝大会に進出

プエルトリコは決勝で中国を破り、敗者復活戦で中国は3対4でキューバを破ったオランダに敗れた。スペインは南アフリカを下して5位。一方、イタリアのブットリオとカスティオン・ディ・ストラーダで開催されたグループCが土曜日に始まり、日本、カナダ、イタリアが勝利した。

世界ランキング4位のプエルトリコは、スペインのバレンシアで行われた決勝戦で中国を2-1で下し、グループBから2024年WBSCソフトボールワールドカップ決勝大会への切符を手にした。

中国に敗れたプエルトリコが、決勝では世界ランキング11位の中国に逆転勝利。国際的な女子ソフトボールの素晴らしい見せ場となった。

ヨーロッパ王者のオランダは、敗者復活戦で中国を2-0で下し、2枚目の切符を手に入れた。一方、開催国のスペインは、この日の開幕戦で南アフリカを下し、グループ5位に入った。

一方、グループCがイタリアのブットリオとカスティオン・ディ・ストラーダで始まり、オリンピックチャンピオンの日本がニュージーランドに16-2で快勝、東京2020銅メダリストのカナダはフィリピンを5-0で制し、イタリアがベネズエラを4-2で破った。

WBSC WSWC MOP SQ

グループB最終日

*勝利チームが2024年WBSC女子ソフトボールワールドカップ決勝大会への出場権を獲得する。

今日の写真

20230721_G19_CHN_NED_WSWC_GroupB_2

今日の写真

D5

敗者復活戦 オランダ対中国

WBSC女子ソフトボール・ワールドカップ・ファイナル2024への2枠目をかけて、プエルトリコとの決勝戦に敗れた中国が、3対4のプレーオフでキューバを破ったオランダと対戦。

大会2日目の対戦では中国が5-4で勝利した。前対決と同様、オランダはジェシー・ファン・アルストが左翼線にヒットを放ち、ブレンダ・ビアーズとブリット・フォンクを得点を入れて先制した。

プール戦と同じくサークルに立ったファン・アルストがは5回にリサ・ホップに交代するまで、92球56ストライク、わずか3被安打で中国の打線を沈黙させた。継投のホップは27球17奪三振の好投で、オランダとその熱狂的なファンから大歓声を浴びた。

決勝 プエルトリコ対中国

この試合の勝者が、2024年WBSCソフトボールワールドカップ決勝大会への最初の切符を獲得する。敗者には敗者復活戦のチャンスがあり、3対4でキューバを破ったオランダとの対決する。

中国は開幕戦でプエルトリコに2-0で勝利しており、この決勝戦も熱戦が期待された。

1回裏、中国は野選で Jiaqi Li が生還し、先制。

2回表、プエルトリコは、二塁エラーを絡めてアレイマリー・ロペスが得点し、1点を返し同点に並ぶ。

5回表、プエルトリコの二刀流スーパースター、アレシア・オカシオが右中間への二塁打を放ち、続くカルラ・クラウディオの中前打でオカシオが得点。プエルトリコがリードを広げる。

今月初めの中央アメリカ・カリブ海競技大会決勝のキューバ戦でも完投勝利を収めたオカシオがこの試合も完投し、プエルトリコが2対1で勝利した。

グループB 3位対4位 オランダ対キューバ

グループB最終日の第2試合は、ヨーロッパ王者で世界ランキング10位のオランダと、世界ランキング28位のキューバが対戦。キューバは、それまではWBSC女子ソフトボール・ワールドカップでオランダに勝ったことがなかったが、この大会の初戦でオランダに4-3で勝利した。

キューバの先発投手は、中国、プエルトリコ、オランダを完封し、2度の最優秀選手に輝いたイヤン・トルネス。オランダは、中国戦で3イニングを投げたエヴァ・ヴォートマンが先発する。

この試合の敗者が2024年WBSC女子ソフトボール・ワールドカップ敗退が決まり、勝者は決勝大会出場をかけて決勝の敗者と対決する。試合は2回までわずか1安打しか出ず、こう着状態が続いた。

3回表、オランダのブレンダ・ビアスの左中間への飛球をレアネリス・ザヤスがこぼし、2008年北京五輪代表のブリット・フォンクに得点を許した。さらにディネ・ウースティングの右中間への犠飛でビアスが得点し、オランダは2-0でリード。

ヴォートマンの力投が続く中、キューバが1点目を狙う。イリアン・ロンドンが一塁ゴロに倒れるが、ヤニスレイディス・カサノバが一塁からホームインに成功。2-1で迎えた6回裏、試合はさらに盛り上がりを見せた。

グループB 6位対5位 順位決定戦 南アフリカ対スペイン

開催国スペインは5位対6位の順位決定戦で南アフリカと対戦。大会初日、スペインは14対0で南アフリカに勝利している。

スペインは、大会初日の南アフリカ戦で2得点を挙げた先頭バッターのマリア・カイコヤが、ヤイシー・ソホの左中間への安打で今大会4点目を挙げ、得点の口火を切る。

2回裏、アンナ・ソブリノとカルラ・セグラが得点し、カルメン・カイコヤの左前打で姉のマリアとユラン・デニアが得点し、スペインは5-0とした。

2回、南アフリカは投手を交代。5被安打4失点のヌシュカ・デ・ビアからヨハンドリ・ファン・デル・ヴァルトに代わった。

スペインの5-0勝利で終わった。でこの大会は南アフリカは試合を重ねるごとに調子を上げ、スペインは1994年の20位以来、2度目のWBSC女子ソフトボール・ワールドカップ出場を果たした。この1週間はファンたちの声援も温かい雰囲気に包まれた素晴らしい大会となった。

グループC 1日目

グループCも本日、イタリアのブットリオとカスティオン・ディ・ストラーダで開幕する。大会前夜、監督たちはそれぞれの意気込みを語った

グループC 日程

Group C

試合前

WBSC女子ソフトボール・ワールドカップについては、スペインの主要スポーツ紙『マルカ』の火曜水曜木曜金曜を含め、さらに詳しく報じている。

https://resources.stuff.co.nz/content/dam/images/4/z/6/1/k/s/image.related.StuffLandscapeSixteenByNine.1240x700.26y0h9.png/1689969666422.jpg?format=pjpg&optimize=medium

From Black Sox batter to White Sox coach: Donny Hale's World Cup softball challenge