18/07/2023 - 22/07/2023

#SoftballWorldCupW  

Hosted by:   ESP

XVII Women's Softball World Cup 2023 - Group B - Official Payoff

WBSC女子ソフトボールワールドカップ・グループB 2日目 キューバと中国が無敗を維持しトップ

WBSC女子ソフトボールワールドカップ・グループB 2日目 キューバと中国が無敗を維持しトップ
19/07/2023
水曜日の試合では、中国がオランダを破り、キューバとプエルトリコが南アフリカを下した。

WBSC女子ソフトボールワールドカップ・グループBの2日目も、プレーオフ出場権争いが激化する中、素晴らしいドラマと興奮が続いた。

世界ランキング28位のキューバと世界ランキング11位の中国は、バレンシア市立ソフトボール場で行われたこの試合でも無敗を保ち、キューバは南アフリカを10-3、スペインを2-1で下した。

キューバは3戦3勝で首位に立ち、中国は開幕2連勝。

POD Day 2 - TORNES

スペインと、水曜日に南アフリカを8-1で下して今大会初勝利を挙げたグループB優勝候補のプエルトリコは、現在プレーオフ進出圏内の3位と4位につけている。

ここまでキューバと中国に敗れているオランダと南アフリカは、大会初白星をのぞむ。

2日目結果

Day Two Results

今日の写真

20230719_G7_CUB_ESP_WSWC_GroupB_9
  • 中国はオランダ戦でMin Renが今大会初ホームラン。
  • プエルトリコは南アフリカ戦で、南アフリカはキューバ戦で、それぞれ今大会初打点をマーク。
  • オランダ対中国の接戦の末12:30に終了したため、キューバ対南アフリカの第2試合は遅れて12:50に開始。キューバ対南アフリカ戦は14:40に終了し、南アフリカ対プエルトリコが15:10開始に変更された。
  • 初日は、キューバがオランダを破り、中国が優勝候補のプエルトリコを、スペインが南アフリカを下した。試合日程/結果
  • スペインの主要スポーツ紙『マルカ』をはじめ、各メディアが大会を大々的に報道
  • スペインのバレンシアで開催されるグループBでは、スペイン(世界12位)、プエルトリコ(4位)、オランダ(10位)、中国(11位)、キューバ(28位)、南アフリカ(38位)が7月18日から22日にかけて対戦する。プレビュー
  • 世界を迎えるバレンシア
  • 12人の注目選手
  • 数字で見るWBSC女子ソフトボールワールドカップ
  • 写真
  • GameTime.Sportでライブ観戦
Group B

スペイン対キューバ

スペインは南アフリカを14-0で下し、キューバは大会開幕戦でオランダに4-3で圧勝、今日は南アフリカに10-3で勝利した。

3回裏、キューバが均衡を破りイリアン・ロンドンがセンター深くにヒット。キャプテンのウクスア・モドレゴの送球は二塁からホームに走りこんできたエリザベス・ロバートを捉えることができずキューバが先制した。

4回、スペインが同点本塁打。キューバのリシディ・サモンはボールを見ながら後退したが、外野フェンスに突っ込み、ボールが飛んでいくのを見ることしかできなかった。今日および今大会2本目の本塁打。

4回裏、キューバは、ヤニスレイディス・カサノバの左中間への飛球が左翼ファウルライン付近に落下し、マイデリス・レイエスが本塁に生還して再びリードを奪う。

5回裏19時3分、ピッチングサークル整備のため試合は一時中断。サークル端の投手前足の着地点が摩耗し芝の端がほつれくぼみもでき始めていた。グラウンドクルーがデッキに入り、ピッチングサークルを整える。

19時15分にプレー再開。5回裏の一死一塁、2-1でキューバがリードの場面でキューバのレアネリス・ザヤスが打席に立つ。

イリアン・トルネスが3試合ぶり2度目の完投でスペイン打線とファンを黙らせ、キューバが2-1で今大会3勝目を挙げた。

南アフリカ対プエルトリコ

キューバに7-3で敗れたばかりの南アフリカは、ダブルヘッダーの2試合目でプエルトリコと戦う。世界38位の南アフリカにとって大会優勝候補のプエルトリコは厳しい相手だ。

プエルトリコは初日に中国に敗れ、南アフリカは初日にスペインに破れた。この日の1試合前でも南アフリカはキューバに敗れている。

この試合では、プエルトリコ投手モセイ・シントロン、捕手カミール・オルティス、南アフリカの指名選手メリッサ・サベージとグループB最年少の3選手が登場。1回表、サベージが空振り三振に倒れた場面でこの3人が同時にスクリーンに映し出された。

1回プエルトリコは、スター投手アレッシャイア・オカシオ(この試合は指名選手として1番バッターで出場)が、カーラ・クラウディオのセンターへのフライで得点。プエルトリコが1-0とリードで1回が終わった。

2回、ヨハンドリ・ファン・デル・ウォルトの頭上を越えるセンターへのオルティスの三塁打でカーシン・ゴードンが得点、さらにオカシオが右中間への死球でオルティスが得点。プエルトリコの3-0リード。

プエルトリコは4回裏、カミーユ・マルティネスが二塁からジャネル・マルティネスの左翼線へのタイムリー、ジャネル・マルティネス自身もジェイド・ソトのタイムリーでも得点し、さらに、オカシオ、キャシーリア・ガルシアが続いて一気に8-0とリードを広げた。

5回表、二塁に到達したカサンドラ・カルペンスの代走に立ったエミリー・マフラレラがヌシュカ・デ・ビアのレフト線を破るヒットで1点を入れたが、8-1から巻き返すことはできずプエルトリコのコールド勝利が決まった。

キューバ対南アフリカ

中国対オランダの試合終了が遅れたため、キューバ対南アフリカの試合は12:50に開始された。

キューバは2回表、ヤニスレイディス・カサノバのセンターへの三塁打でロサンジェラ・ハルディネスとリサイディ・サモンがどちらも生還して先制した。

3回表、ヤリアナ・ロペスが左中間に三塁打を放ちイリアン・ロンドンが得点、ロペス自身もエラーで得点する。マイデリス・レイエスが左中間を破る二塁打を放ち、ロサンジェラ・ハルディネスが二塁から生還。カサノバの安打は二塁手のレイチェル・マツィメラが一塁手タンディ・マレバナに送球してゴロに終わるが、その間にリサイディ・サモンが生還し、キューバは7-0とリードを広げた。

キューバは5回コールドでの勝利目前、ベテラン投手のアニスリー・ロペスが雷を落とすような投球で試合をまとめたと思った矢先、カサンドラ・カルペンスが右中間を破るシングルヒットを放ってアンマーラ・ラーニーが得点し、南アフリカが今大会初得点を挙げ、7-1とした。

その2球後、ジェニファー・ポセナの頭上を越えるシェーン・リュイトの見事な左中間への二塁打でレイチェル・マツィメラとカサンドラ・カルペンズが得点し、7対3に返して南アフリカはさらに歓喜に沸いた。

6回表、この試合の最初の3イニングも8奪三振、1安打のみで南アフリカの打線抑えていたヤメルキ・ゲバラがキューバのサークルに戻ってピンチを回避。

キューバは6回表、ジャーディネスの左中間への二塁打でロンドンが得点、さらにポセナの右中間への飛球でロペスが点を重ね、9-3とキューバを突き放した。カサノバの右中間への飛球がカサンドラ・カルペンスのグラブにかすったものの捕球できず、ジャルディネスが点を加えてこの回合わせて3点を入れた。

6回裏、ゲバラが三者三振でキューバがコールド勝ちで2勝目を獲得した。

オランダ対中国

欧州王者のオランダは昨日のキューバ戦(4-3)の反省を生かし、優勝候補のプエルトリコを2-0で下した中国は2試合ぶり2度目の勝利を狙う。

昨日の開幕戦と同様、この試合もどちらも素晴らしい守備で両投手のピンチを凌いだ。

3回表、満塁の場面でオランダが試合の均衡を破った。シンディ・ファンデルザンデンが野選で一塁へ到達、ショートのユエ・シーはホームへ送球するがブレンダ・ビアスがスクイズを成功させて先制点。

次の打席でオランダはラウラ・ヴィーシンクが2点追加。内野ゴロが二塁ベースを越え、マキシム・ファン・ダーレンとジェシー・ファン・アルストが生還した。オランダはすぐに再び満塁のチャンスを迎えたが、Yinan Chaiに代わってユチェン・ウェイがピッチャーを務めてピンチを回避し、なんとか3-0で抑えた。

オランダの得点が中国の打線にも火をつけた。3回裏、中国のミン・レンが左越えの今大会初ホームランを放ち、Jiaqi Liとともに生還して、3-2と追い上げた。

4回裏、中国は、Jia Xuがショートを破るゴロを放ち、 Zixuan DongとXiaoyanが特典。中国がオランダからリードを奪い、4-3とした。

6回表、オランダは満塁のチャンスで、ファン・ダーレンが二塁を破る打球を放ち、フォンクが生還。二塁から三塁へのスライディングでブレンダ・ビアスが足を負傷したため、三塁でディネ・ウースティングが代走に立つ。左翼はアンネミーク・ヤンセンと交代した。

6回裏にHeの中前打で Zixuan Dong が得点し、これが勝利打点になって今大会2勝目を挙げた。一方オランダはオープニングラウンド2試合をどちらも逆転を奪われて終わった。

試合前

天候は、ピークの33度には届かなかったものの、一日の大半は32度となりこの暑さが今日の試合に影響を与えるとみられる。

Valencia Weather Day 2

スペインのスポーツ専門紙『マルカ』など、多くのメディアが大会初日のプレーを大々的に報じている。

  • 試合視聴方法
  • アイルランドやイタリアと同様、スペインでWBSC大会が行われるのはこれが初めて。
  • ミズノの持続可能な新ボール「M170」が使用される。
  • 6チームが3グループに分かれて参加。グループBの上位2チームが来年のファイナルへの切符を手にする。トーナメント方式の詳細はこちら。
  • アイルランドでのグループAを1位と2位で通過したアメリカとオーストラリアが2024年のファイナルズに進出。イギリスは3位だった。グループAのレビューはこちら。
  • イタリアのカスティオン・ディ・ストラーダとブットリオで開催されるグループCでは、世界ランキング2位でオリンピックチャンピオンの日本、同5位のカナダ、同8位のイタリア、同26位のフィリピン、同29位のニュージーランドが7月22日から26日にかけて対戦する。
  • WBSCの大会で2ステージ制が採用されるのは今回が初めて。
  • WBSC女子ソフトボールワールドカップ全記録
  • 第17回WBSC女子ソフトボールワールドカップ決勝大会は2024年7月にイタリアで開催予定
GROUP B - DAY 2